とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『トンマッコルへようこそ』

<<   作成日時 : 2006/10/25 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

昨日は『トンマッコルヘようこその』試写会に行ってきました。

《Story》
トンマッコル・・・ここは争いを知らない、子どものように純粋な村。自然と共に暮らし、笑顔を絶やさず暮らすこの村に偶然迷い込んだ敵対する兵士たち。彼らが互いに銃を突きつけ一触即発の状況でも村の人たちはのんびりマイペース。じゃがいもの収穫を心配し、イノシシに追いかけられ、のんびり過ごす日常は変わらない。あたたかい村人たちの暮らしにいつしか憎しみあうことのバカバカしさを覚えた兵士たちは、自然を楽しみ、皆でお祭りをして大騒ぎ!次第に心を開いて笑顔を取り戻していく。しかし一方で、トンマッコルに重大な危機が迫っていた・・・


すごいよかったです!笑いあり、涙ありの映画でした。
ぜんぜんチェックしてなくてあんまり期待せずに行ったんですけど、ほんとによかったです。
映画の途中から「なんか宮崎駿チックな映画だなぁ・・・音楽が久石 譲だからかなぁ・・」と、思っていたのですが、映画が終わってトンマッコルのポスターをみたら、『ジブリ作品に魅了された監督の・・・』と書いてあるじゃないですか・・・。なるほどと、思いました。まさしく、実写版ジブリ作品って感じです。

見終わった後に心がほんわりとする映画でした。
でもラストが・・・涙がとまりませんでした。隣の席のおばちゃんも号泣でした・・・
みんなにオススメしたい映画の1本です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「トンマッコルへようこそ」
原題:Welcome to Dongmakgol 北から南から空から、死地を求めてトンマッコルへと兵士が集う。山奥のメルヘンチックなその村に一体何があるというの、子供のように純粋な心の住む村・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/11/02 02:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『トンマッコルへようこそ』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる