とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ワールド・トレード・センター』

<<   作成日時 : 2006/11/17 20:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

11月15日(水)

やっと『ワールド・トレード・センター』を観に行きました。


《story》
2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。ニューヨークのシンボルともいえる2つのタワー、世界貿易センター北棟にアメリカン11便が、南棟にユナイテッド175便が激突した。港湾局警察官(PAPD)のジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)とウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)は同僚と現場に急行、人命救助のためビル内部へと向かう。しかしその時、再び轟音が鳴り響き、ビル全体が崩壊を始める。奇跡的に生き残った2人だが、瓦礫の下敷きになり身動きすら取れなくなっていた・・・・・。


映画の出来がどうこうというよりも前に、テロの実際の映像とかを見て涙が出てきました。
実は、会社勤めをしていたころ、仕事の関係でこのテロで犠牲になった富士銀行(当時)NY支店にお勤めだった伊藤さんという方のお父様とお会いしました。お会いしたのは、この事件の1ヵ月後ぐらいのときで、涙をこらえながらお話していただいたのを思い出し、涙があふれてきました。伊藤さんとは同じ中学の先輩後輩で(ちょっと年が離れているのですが)そんな縁もあっていろいろお話させていただいたのです。
NYから遠く離れているところにいる私でさえこうですから、NYの人たちやテロに巻き込まれた人たちは、正直この映画は観れないのではないかと、いうのが最初の感想です。


「オリバー・ストーンにしてはイマイチだ」みたいな感想をたくさんの方がブログで書かれていましたが、私はよかったと思います。瓦礫の下敷きのシーンは、恐怖感とかすごくよく描かれていたと思います。それぞれの登場人物たちの家族に対する思いとかもちゃんと描かれていたと思います。自分もだんなに対してとかいろいろ考えました。


時期が早すぎる等、賛否両論のこの映画ですが、観てよかったと思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ワールド・トレード・センター』
製作年度:2006年上映時間:129分監督:オリヴァー・ストーン出演:ニコラス・ケイジ 、マイケル・ペーニャ 、マギー・ギレンホール 、マリア・ベロ 、スティーヴン・ドーフ 、ジェイ・ヘルナンデスオススメ度:★★★☆☆ストーリー:2001年9月11日の早朝。いつものように家を出て署へと向かう港湾警察のジョン・マクローリン巡査部長。彼は署に着くと部下たちを集め“お互いを守り合い、事故のないように”と言葉をかけ、それぞれの現場へと送り出す。ところが間もなく、世界貿易センタービルの北棟に旅客機が激..... ...続きを見る
M[エム]
2007/03/10 11:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ワールド・トレード・センター』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる