とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『プラダを着た悪魔』

<<   作成日時 : 2006/12/13 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

今日は、母と『プラダを着た悪魔』を観に行ってきました。


《story》
大学を卒業したばかりのアンディ(アン・ハサウェイ)の夢は、ジャーナリストだ。しかしそんな彼女が、ひょんなことから就いたのは、NYの一流ファッション誌の編集長アシスタント。多くの女性が憧れる職業かもしれない。でも当のアンディには興味ゼロの世界。果てはジャーナリストになるため!と職場に向かったのは良いけれど、彼女が手にしたアシスタント職は、生易しいものではなかった。超カリスマ的な存在として君臨する編集長のミランダ(メリル・ストリープ)は、まさにプラダを着た悪魔だったのだ。


画像



ストーリーは置いといて、観てて楽しい映画でした。女性のための映画でした。(男性は観てもつまらないだろうなぁ、と思いましたが。)観客もほとんど女性でした。

アンディがどんどんおしゃれにきれいになっていく様子がよかったです。

たくさんのかわいい洋服が出てきて、ファッションショーを観ている気分でした。

挿入歌のマドンナの「VOGUE」がすごくあってました。帰りの車の中でこの曲が頭の中でぐるぐるしてました。


ストーリーは、ラストが近づくに連れて、ちょっと強引なのではと思いましたが、まぁ、許せるかなっ!ファッションが楽しめたし、ミランダの横暴ぶりも、当事者ではないので、笑えたし。テンポのいいおしゃれな映画って感じで、ファッション雑誌を見ているようで楽しめました。


映画の後、洋服を買いに行きたくなりました。が、この秋冬はすでに、コートとパンツ、バッグを買っていてお金がない・・・バーゲンまで我慢、我慢。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダを着た悪魔
プラダを着た悪魔『The Devil Wears Prada』を観ました。硬派なジャーナリスト志望の女性(アンハサウェイ)が、流行を作るほど大きな力を持つファッション雑誌の出版社に勤めることになります。その仕事は「A million girls would kill for this job. 」... ...続きを見る
英語の名言・格言・ことわざ
2007/01/08 00:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お母様と見に行かれたのですね〜。さすが…感想が的確。確かに、後半の展開は、無理がありましたか…。ミランダの弱さって言うか、苦しみが何もかも帳消しにしてしまって、私などは、その部分に共感して、泣けてしまいましたが、ハーピーエンドで、めでたし、めでたし。
まだむ
2006/12/17 03:28
まだむさんは、ミランダ視点で観られたのですね。私は、アンディの視点でしたね。
仕事と家庭の両立。難しいですよね。家族の協力も要るし、何かを犠牲にしないといけなかったりするし…
とろ
2006/12/18 20:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
『プラダを着た悪魔』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる