とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ディパーテッド』                   (5本目)

<<   作成日時 : 2007/02/01 20:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1月28日(日)

今日はだんなと『ディパーテッド』を観に行ってきました。


《story》
貧困と犯罪が渦巻く、ボストン南部で生まれ育った2人の男。犯罪者一族に生まれ、自らの
生い立ちと決別するために警察官を志すビリー(レオナルド・ディカプリオ)。マフィアのボス・
コステロ(ジャック・ニコルソン)に育てられ、忠実な“内通者”となるために警察官を目指す
コリン(マット・デイモン)。2人は互いの存在を知らぬまま同じ警察学校で学び、それぞれ
優秀な成績で卒業。コリンはマフィア撲滅の最前線に立つ。一方、ビリーに命じられたのは、
マフィアへの極秘潜入捜査だった・・・。

画像



この前日のテレビ「スマステーション」の月一ゴローのコーナーでゴローちゃんがこの

『ディパーテッド』を4位にしていたので(ちなみに1位は『ラッキーナンバー7』でした)、

どうなんだろうと、思いながら観に行ったのですが・・・

私も『ラッキーナンバー7』のほうがおもしろかったです。


マーティン・スコセッシの映画はやっぱり苦手だなぁ・・・と再認識しました。

『ギャング・オブ・ニューヨーク』も『アビエイター』もなんかその映画の世界に入れないと

いうか、懲りすぎて疲れるというか・・・この『ディパーテッド』もそうでした。

が、ビリーの上司(グルーナンでしたっけ?)がコステロの手下たちにビルから突き落と

されたあたりからはすごくおもしろくなってきました。『インファナル・アフェア』を観ていない

のでラストがどうなるかわからず、このあたりからの展開はハラハラドキドキの連続でした。

ビリーが撃たれたシーンはマジびっくりで、予想できませんでした。

コリンもあんなことになるし、観終わったあと、けっこう気分がブルーになる映画でした。

『インファナル・アフェア』とはラスト違うらしいですね。去年この3部作をケーブルテレビで

やっていたのをビデオにとってまだ観てないので、早く観ようとは思っているんだけど・・・。


ブルーな気持ちになりながらも、レオ様の演技がとてもよかったので、観に行ってよかった

かな『タイタニック』の頃に比べて男っプリがあがったように思いました。

次は『ブラッド・ダイヤモンド』だったかな、これも観に行かないと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ディパーテッド』                   (5本目) とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる