とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『パフューム 〜ある人殺しの物語〜』    (13本目)

<<   作成日時 : 2007/02/25 17:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2月22日(木)

『パフューム』の試写会に行ってきました。


《story》
舞台は18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の子供が産み捨てられる。名をジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)。グルヌイユは生まれながらに体臭がなく、神が彼に唯一与えたのは、あらゆるものを嗅ぎ分ける驚異的な嗅覚だった。やがて彼は、天才香水調合師となり、世間を驚かせる芳香を生み出していく。時を同じくして、パリを震撼させる連続殺
人事件が発生被害者はすべて若く美しい娘で、髪を刈り落とされた全裸死体で発見されるのだった・・・。犯罪史上最も純粋な動機が彼を狂気へと駆り立て、そして物語は、かつて誰も目にしたことのない驚愕の結末へと向かっていく・・・。

画像



この映画ちょっと微妙でした。
最初のほうのシーンがちょっと不気味というか気持ち悪かったですが、けっこうテンポよく話が進み、どっぷり映画の世界に引き込まれてました。
最初は自分の好きな匂い=女性の匂いを永遠に保存する方法を模索していたのに、その内究極の香水を作ることに没頭していき、その手段として殺人を犯すのですが・・・人殺しの物語とあるのに殺人のシーンはほとんどなく、究極の香水を作る工程の一部分って感じでした。観てる途中ラストはどうなるんだろうと、どきどきしていたのですが・・・
まさか、あんなことになるとは・・・ほんと驚愕の結末でした・・・ラストでグルヌイユが処刑される前に自分で作った究極の香水を、自分に振り掛けて・・・その香りを嗅いだ人々が・・・アァ・・・公開前なんで詳しく書くのは控えますが・・・
ラストはチョット(いや、かなりかな)ひいてしまいました・・・そんなことになっちゃうの・・・ちょっと理解できませんでした・・・いや、言いたいことはわかるんだけど、こんな表現の仕方しかなかったのか・・・私はドン引きでした。

そして自分が産み落とされた場所に戻って、また香水をつけるのですが・・・そこの住人たちがグルヌイユに群がって・・・オォ・・・ほんとに驚愕の結末でした。
私はこのラストだめでした。でも他の人の感想読んでると、よかったって書いている人がいたんですよ!人それぞれ受け取り方が違うんですね。

そういえば、ダスティン・ホフマンが出てました。最初気づかなくって、この人ダスティン・ホフマンに似てるなぁ・・・と観てたんですが、その内ダスティン・ホフマンにしか見えないよ・・・と思ってたらやっぱりダスティン・ホフマンでした。グルヌイユが出て行ったとたん、あっけなく死んでました・・・すごい贅沢な起用や・・・もったいない、と思ったり・・・

この映画、すごく賛否両論分かれる映画ではないかと思いました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
パフューム 映画
パフューム (映画)。。。 あのスピルバーグが映画化を熱望した全世界1200万部以上の 大ベストセラーが遂に完全映画化だそうです。。 ...続きを見る
webnews
2007/03/14 03:24
禁断映画がついに解禁!
禁断の映画がついに解禁!映画「パフューム ある人殺しの物語」は、話題になっている「とても口に出して言えない衝撃の映像」があります。それは、映画のクライマックスに映し出される約750人の全裸のラブシーン。これは、ごいすー。これらはまったくCGを使... ...続きを見る
テンコモリウェブ
2007/03/14 20:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おすぎも宣伝している『パフューム』み・た・い〜。最後も知りた〜い。でもドンびきなんだ…。なんか他の映画とセットで見に行った方がいいかな…でも、日程が厳しいのです…今は。とろさん4本もいいな〜、うらやましい。
まだむ
2007/02/27 18:24
おすぎが宣伝しているのですか・・・そうですか・・・おすぎはなんて言ってましたか?ちょっと気になる・・・
まだむさんよかったら観に行って感想聞かせてください!ラストどうだったか聞きたいです。★5個つけている人もいたので、まだむさんがどう思われるかはほんとわかりませんよ。

先週は水曜と金曜が仕事休みで、たまたま試写会も当たって・・・映画三昧の1週間でした。
とろ
2007/02/27 19:00
まだむさん、おすぎが宣伝しているの見ました!私がひいたシーンが映ってますよ。広場のみんなが服を脱ぎ始めて・・・ほんとすごかったです。ラストのちょっと手前のシーンなんですけどね。 確かこの映画PG-12なんですけど、うそでしょうって思いました。
とろ
2007/02/28 18:48
そうそう、TVでね〜。はずかしぃ、でもちょっと知りた〜い。やっぱり、見てみようかな…。
まだむ
2007/02/28 22:31
やっと見ました。この香水は、【すべてを許すようになる】と言うよりは、【究極の愛を表現したくなる】香水なんでしょうか、そして、その間の記憶が全くないとは…一体精神のどの部分に作用しているのか…その香りを絶えず感じ取っていたグルヌイユにとって、殺人も愛情表現だったのでしょうか。…では、何で、自分に香水をふりかけたのか?…難解です。
まだむ
2007/03/13 17:19
ほんと何なんでしょうねこの香水。ちょっと嗅いでみたいような、みたくないような・・・
とろ
2007/03/15 19:20
ひつこく書きコメしていますが…
最後の広場のシーンのあれ、エキストラ(750人)だって、オール○ー○だったでしょ?信じられな〜い。
まだむ
2007/03/16 18:34
ほんとすごいシーンでしたね。よくあそこまでエキストラを集めたなぁ・・・ある意味『碧き狼』の即位式の何万人ってエキストラよりすごいものを感じました!
とろ
2007/03/17 13:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
『パフューム 〜ある人殺しの物語〜』    (13本目) とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる