とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『さくらん』       (10本目)

<<   作成日時 : 2007/02/18 11:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2月14日(水)

『さくらん』の試写会に行ってきました。
 
《story》
お蘭(小泉今日子)によって吉原の玉菊屋に連れてこられた8歳の少女。きよ葉と名づけられた彼女は、高級花魁・粧ひ(菅野美穂)に面倒を見られることになった。玉菊屋から脱走を図り続けるきよ葉だったが、粧ひに導かれ吉原一の花魁を目指す事を決意する。
やがて17歳となったきよ葉(土屋アンナ)は、美貌と鼻っ柱の強さで一躍江戸中の注目を集める存在に。そんなきよ葉は、お客として来たうぶな青年・惣次郎(成宮寛貴)と初めての恋に落ちるのだが・・・。

画像



監督:蜷川実花 ・ 音楽:椎名林檎 ・ 女優:土屋アンナ・菅野美穂・木村佳乃・・・
女性パワー炸裂の映画でした。菅野ちゃんと木村佳乃が身体張ってて、すごかったです。
『この映画は、色といろとイロに溢れたロックなエンタテインメントムービーである!』と書いてありましたが、まさにその通り!椎名林檎の音楽もすごくよかったです。

この映画一言で言うとでした。映像がすごくきれいで、着物、建物、小道具・・・すべてが原色のオンパレード!蜷川実花監督の独特な世界観が表現されていました。特に、真っ赤なもみじ?が板の間に映っているシーンが、すごく印象に残りました。

『さくらん』は原作を読んだことがあるのですが、この映画は期待を裏切らない出来でした。けど、原作を読むか、吉原のことについて勉強してから観に行かないとちょっと意味わからん?ってことになりそうではありました。

『マリーアントワネット』のソフィア・コッポラ監督、『ゆれる』の西川美和監督、そして蜷川実花監督・・・女性の映画監督の活躍がすごいですね。これからがすごく楽しみです。

・・・同じシーンではなかったけど、きょんきょんと永瀬正敏が同じ映画に出てたので、ちょっとビックリでした




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
菅野美穂も木村佳乃も実力派女優の名を着実に積み上げてきて、まさにおいしい頃、さぞ見ごたえのある作品だったことでしょう。花魁といえば、【吉原炎上】を思い出してしまいますが、ぽっくりをまわしながら歩く、練り歩きのシーンとかが、やはり、あったのでしょうか…。
まだむ
2007/02/18 14:17
まだむさん、こんばんわ。

練り歩きのシーンありましたよぉ。ちょっとですけど、菅野ちゃんと土屋アンナが足をつつつーっとゆーっくり歩いてました。よくあんな歩き方できるなぁと思いました。

菅野ちゃんと木村佳乃はきわどいシーンにも挑戦してて・・・すごいなぁと思いました。
とろ
2007/02/18 21:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
『さくらん』       (10本目) とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる