とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『蒼き狼 地果て海尽きるまで』    (11本目)

<<   作成日時 : 2007/02/21 20:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2月20日(火)

『蒼き狼』の試写会に行ってきました。今回はなんか年配の男性が多かったです・・・


《story》
部族間の闘争が激化していた12世紀のモンゴル。ボルジギン族の長の妻ホエルン(若村真由美)が出産。テムジンと名付けられたその子こそ、後のチンギス・ハーン(反町隆史)である。14歳になったテムジン。父親を対立する部族に殺害されると、母親が敵から略奪された身であることを理由に、部下たちから見捨てられてしまう。やがて青年に成長したテムジンはリーダーとしてのカリスマ性を発揮。そしてホルテ(菊川怜)を妻に迎え、次第に勢力を拡大するのだった。

画像



この映画・・・私はダメでした。チンギス・ハーン、モンゴルの話なのに日本人が日本語で演じても・・・全然感情移入できませんって・・・「それがし・・・」「おぬし・・・」って日本の時代劇かい・・・ってツッコミ入れたくなりました。
それぞれの役者さんが悪いわけではないと思うのですが、なんかみんな演技がヘタに見えたんですよね・・・なんでだろう。みんなわざとらしいというかなんというか・・・
反町隆史も嫌いではないのですが、チンギス・ハーンって感じではないと思いました。
なんかいつの間にかモンゴル統一したことになってるし・・・ストーリー展開もちょっと、不満が残る感じでした。

せっかく何十億って制作費かけてこれ?って感じでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
結構、楽しみに待っているのですが、「それがし、おぬし」には、ちょっと、がっかり…。この手の大作って、スケールが大きすぎて、省くところ違うんじゃない?(もしくは、皆、知っている部分は省いちゃったよ〜)ってことがありますよね。予習の必要ありって事ですね。
私は、予告の【蒼き狼の血…】ってところで、なぜか蒙古ハン(赤ちゃんのお尻に出るあれ)が頭から離れなくなっちゃって(笑)そんなのばっかり、調べていました。
とろさん、試写会、よく行かれますね〜。よいコネをお持ちなのかしら?話題の映画が一足早くご覧になれて、うらやましい限りです。
まだむ
2007/02/22 18:31
まだむさんごめんなさい・・・楽しみにしてたのに・・・私の感想はあまり気にしないでくださいませ。妙なところにこだわるB型なんで。基本的に洋画の吹替え版もダメなんですよ・・・他の方のブログではよかったって書かれてる方もいらっしゃいましたよ!馬とかちゃんとモンゴルの馬を使ってたりするみたいです。そういえば『マリーアントワネット』もフランスの話なのに、英語だったし、気にしなくてもいいのかも。

試写会はコネなんてないですよぉ・・・せっせとハガキを書いて応募してるのです。最近当たりやすいコツをちょっとつかんだみたいなんで・・・企業秘密ですけどね!
とろ
2007/02/23 19:25
企業秘密?…まずは、せっせとハガキを書かなければいけませんね。
まだむ
2007/02/23 23:18
見て来ました。きびしい批評を読んでいたので、余計な期待を持たないで見れた分、よかったです。反町隆史さんて役者さんは、生真面目すぎるんですよね、チンギス・ハーンってもっといやらしい男だと思うな〜。でも、時代背景も長すぎて、やっぱり、すっ飛ばしていかなくちゃ、無理だよね…。だって、本当は、ジュチだって、結婚とかしてるはずだし…まぁ映画だもの、仕方ないですか。でも、松山ケンイチくん、デスノートからすると、相当まともでカッコよかった。普通にしたら、イケメンだったのですね…彼って。
まだむ
2007/03/04 22:16
もう、観られたんですか!確か3日公開くらいでしたよね。まだむさんの期待度がうかがえました・・・それなのに私ってば・・・辛口な批評で・・・でも、モンゴルの雄大な自然とか、よく映っていたと私も思いましたよ!
全然関係ないですが、私、日本史は大好きでしたが、世界史はちょっとダメだったんですよ・・・なのでチンギス・ハーンのこともそんなに知らなかったんで・・・この映画ちょっと苦手だったのかな・・・
とろ
2007/03/05 20:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
『蒼き狼 地果て海尽きるまで』    (11本目) とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる