とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ユメ十夜』    (23本目)

<<   作成日時 : 2007/04/07 12:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

4月6日(金)

今日は『ホリディ』を観に行こうと思っていたのですが、仕事が終わって料理長の「シュークリーム食べていいよ!」の誘惑に負けてしまい、上映時間に間に合わなくなり、もう1コ観たかった『ユメ十夜』に急遽変更しました


画像


「こんな夢を見た」・・・。文豪・夏目漱石の摩訶不思議な小説「ユメ十夜」を十人のすごい監督&すごいキャストで映画化したドリーム企画!らしいです・・・
すごい監督が勢揃いなんですか?私は市川崑、西川美和ぐらいしか知りませんでした・・・この辺が自分の映画暦が浅いなぁ・・・と思ってしまいます。

<第1夜> 監督:実相寺昭雄 出演:小泉今日子
 このお話、実は理解できませんでした・・・時間がさかのぼっていって・・・なんか「死にます」とか言ってるし、100年待ってくださいとか・・・「えっ、なになに」って思っているうちに終わってしまいました・・・
どうでもいいことですが、きょんきょんって40代?でしたっけ・・・かわいいなぁ、こんな40代になりたいなぁと、思いながら観てました。(そんなこと考えてたから理解できなかったのかも・・・)

<第2夜> 監督:市川崑 出演:うじきつよし
 市川崑っぽい作品だったのかな?おどろおどろしい感じの作品でした。じつは第2夜も理解できなかった・・・第1夜の余韻が残ってて、しかも画面薄暗いしどよ〜んとしてるし、セリフは字幕だし・・・一瞬寝てしまった・・・うううっ

<第3夜> 監督:清水崇 出演:堀部圭亮・香椎由宇
 この作品あたりから理解できるようになってきました。この監督さんは『呪怨』の監督さんだったんですね・・・ホラーチックで怖かったです。お地蔵さんの頭がパァーンって割れたり、漱石がおんぶしていた子供の顔とか・・・第2夜で眠かったのが一気に目が覚めてしまいました。ラストのおちがクスって笑える感じだったので、ちょっと安心したかな

<第4夜> 監督:清水厚 出演:山本耕史
 この作品は安心して見れたかな。ほのぼのとしていて好きな感じの作品でした。この前のがホラーチックだったので余計にほっとしたのかも

<第5夜> 監督:豊島圭介 出演:市川実日子
 この作品もちょっと怖かったです。そしてわかったようなわからないような・・・不思議な作品でした。

<第6夜> 監督:松尾スズキ 出演:阿部サダヲ
 ノリがよくておもしろかったです。監督がやりたいようにやってるなぁと思った作品でした。木彫りの熊が現れたときは、笑ってしまいました阿部サダヲおもしろいですね。今度公開される阿部サダヲ主演の『舞妓はぁ〜〜〜ん』すごく楽しみです。

<第7夜> 監督:天野喜孝&河原真明
 なんか哀しい作品でした。あえてアニメ作品にすることでより幻想的になったのではないかと思いました。

<第8夜> 監督:山下敦弘 出演:藤岡弘
 これはまったくもって意味不明でした・・・あのにょろにょろと長い生き物も気持ち悪かったし・・・

<第9夜> 監督:西川美和 出演:緒川たまき
 この作品が1番良かったです。緒川たまきさん、女性の目から見てもとっても色っぽくて良かったです。着物のすそを持ち上げて足首をぱっと写すシーンが忘れられません。西川美和監督の映画って音楽に特徴ありますね。(と言いながら『ゆれる』しか観たことないのですが・・・)

<第10夜> 監督:山口雄大 出演:松山ケンイチ・本上まなみ
 この作品もわかりやくて、おもしろくてけっこう好きな作品でした。松山ケンイチってこんなにかっこよかった?って思っちゃいました。本上まなみにそんなことさせていいのぉ・・・と思うぐらいある意味体はってましたね。豚丼の作り方をお見せしましょうってなったとき、一瞬『チャーリーとチョコレート工場』?と思っちゃいました・・・こんなところで安田大サーカスががんばってて・・・、リアルにありそうで(ないか)うけました。石坂浩二が出てたのでちょっとびっくりでした。


理解できた作品、できなかった作品いろいろありました。原作を読んだことがないので読んでみたいなぁ、そしてそれぞれの監督さんがどんな解釈をしてそれぞれ作品を作ったのか知りたいなぁと、思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
古典映画情報  市川昆監督「おとうと」1960年の邦画
邦画ベスト1960年「おとうと」市川 崑 監督この年は、60年安保闘争で、日本中がデモの嵐が吹き荒れた国会デモ、6月15日樺美智子さんがその騒乱の中、なくなったことを忘れることが出来ません。このときには、参加しませんでしたが、国会デモを体験いた... ...続きを見る
古典映画情報  市川昆監督「おとうと」1...
2007/06/02 00:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ボリュームいっぱいの映画ですね…ところで、とろさん、なかなか【ホリデー】見られないようですね。
まだむ
2007/04/07 18:09
まだむさん・・・そうなんです、『ホリデー』がなかなか観れない・・・来週リベンジ?です。
でもねぇ・・・今、たくさん観たい映画があってあれはいつ観て、これはいつでって頭の中パンクしそうです(>_<)
とろ
2007/04/07 18:30
第3話、教えてくれてありがとう。^^
ちなみにキョンキョンは41歳です。僕と同い年。あと明菜ちゃんとかも。
hiro
2007/04/07 21:14
hiroさん、第3話はほんとゴメンナサイでした。
hiroさんもキョンキョンも明菜ちゃんも41歳なんですね。キョンキョンほんとかわいい、41歳には見えない。中森明菜は今何してるんでしょうね?
そしてhiroさんはどんな41歳なんでしょう?私の想像だと・・・車はBMWとかゴルフと乗ってそうなイメージなんですけど・・・?
とろ
2007/04/08 18:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ユメ十夜』    (23本目) とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる