とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ブラックブック』(24本目)

<<   作成日時 : 2007/04/11 18:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

4月9日(月)
今日はお客さんも少なく仕事が早く終わったので、貯まった映画館のポイントカードを使って『ブラックブック』を観に行きました。

画像


《story》
1944年、第二次世界大戦時ナチス・ドイツ占領下のオランダ。
若く美しいユダヤ人歌手ラヘルは、ドイツ軍から解放されたオランダ南部へ家族とともに逃げようとするが、何者かの裏切りによって両親や弟をナチスに殺されてしまう。誰かが彼女たちの命を売ったのだ。復讐のために名前をエリスと変え、ブルネットの髪をブロンドに染め、レジスタンスのスパイとしてドイツ将校ムンツェにその美貌と歌声を武器に近づいて行く。だが憎むべき敵であるはずのムンツェの優しさに触れ、彼女は次第に彼を愛してしまう…。
この愛は家族への、そして同胞への裏切りなのか?許されない愛と復讐に心を引き裂かれるエリスが選ぶものは…。

監督:ポール・バーホーベン
出演:カリス・ファン・ハウテン
     トム・ホフマン
    セバスチャン・コッホ


この映画やばいです…何がやばいってうまく言えないけど、エンドロールが終わっても立ち上がれませんでした…観終わった後、心にずーんと来るものがありました。「だれも信じるな」この映画を観ると人間不信になりそうなんだけど、味方だと思ってた人が実は裏で敵と通じあっていたり、最後まで裏切りものがだれかわからず、ハラハラドキドキで見応え十分な映画でした。

あと、人間の醜い部分なんかも描かれていて、なんともいえない気持ちになりました。

観終わったあと気持ちがブルーになる映画でしたが、おもしろかったです。
観に行ってよかった!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ブラックブック』&バーホーベン監督応援隊募集中!
ただいま&#39;&#39;&#39;『ブラックブック』&バーホーベン監督応援隊を募集中&#39;&#39;&#39;です! ...続きを見る
映画『ブラックブック』公式ブログ〜バーホ...
2007/04/11 19:08
バーホーベン監督とラジー賞!(その1)
&#39;&#39;&#39;バーホーベン監督&#39;&#39;&#39;といえば&#39;&#39;&#39;『スターシップ・トゥルーパーズ』『氷の微笑』『ロボコップ』&#39;&#39;&#39;などなど 数々の作品で知られていますが、もうひとつ &#39;&#39;&#39;ラジー賞を受け取りに行った太っ腹な監督としても絶賛&#39;&#39;&#39;されています(と、思います)。 ...続きを見る
映画『ブラックブック』公式ブログ〜バーホ...
2007/04/11 19:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
「ブラックブック」観たんですね〜!なかなか傑作だったでしょ?
人間の愚かさについて考えさせられるだけでなく、サスペンス映画としての真犯人捜しの面白さもあって、「おぬしやるな」って感じだよね。
セバスチャン・コッホの「善き人のソナタ」もぜひ観てください。こちらもとても考えさせられます。特にこの映画のラストは、ほんの少しだけ救われた感じがするので気に入ってます。
hiro
2007/04/11 23:27
hiroさん、こんにちわ。
たしかに、「おぬしやるな」って映画でしたね。私は最後の最後まで真の裏切り者がわからず、わかったときは衝撃を受けました・・・「うそーっ あ、あんたが・・・」て言いそうでした・・・
“セバスチャン・コッホ”品があってよかったです。『善き人のソナタ』ほんと楽しみです。なにごともなければ来週の金曜に観に行く予定で〜す!
とろ
2007/04/13 17:57
面白かったですよね。
hiroさんと同じで 善き人のためのソナタの
エンディング、 最高に気に入っています。
映画ファン
2007/04/13 21:09
映画ファンさん、おはようございます!
『善き人のためのソナタ』のエンディングすご〜く気になります。映画ファンさんにhiroさんお2人とも気に入られているとは・・・楽しみ!
とろ
2007/04/14 10:19
観てきました〜。もっとNHKっぽい重厚な戦争映画だと思っていったら、あらびっくり!反戦映画としては勿論、娯楽映画としても一級品!
けど、この映画を観ると、ホント人間不信に陥りますよね。
今日、別の映画を見た時に誰もかれもが怪しく見えてしょうがありませんでした。「ブラックブック」後遺症です(笑)
めいほあ
2007/04/18 21:50
めいほあさま、おはようございます。
『ブラックブック』後遺症・・・私はこの映画の後は誰も怪しい人が出てこないほのぼの系の映画ばかり観てたのでかかりませんでしたよ。
>娯楽映画としても一級品!
 まさにその通り!いろいろな要素が盛り込まれていてほんとにおもしろかったですね。
とろ
2007/04/19 09:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ブラックブック』(24本目) とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる