とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ゾディアック』(51本目)

<<   作成日時 : 2007/06/29 20:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
6月27日(水)

本日2本目です。


《STORY》
1969年、ドライブ中のカップルが襲撃され、女性は死亡、男性も重症を負う事件が起こった。その1ヵ月後、新聞社に事件の犯人と思わしき人物…後に“ゾディアック”と名乗る男から犯行を告白する手紙と暗号文が届けられる。曰く、暗号文を新聞に載せないと大量殺人を決行するという。暗号は新聞に掲載され、新聞記者のエイブリーや風刺漫画家のグレイスミスは“ゾディアック”の謎解きに並々ならぬ関心を見せていくのだった…。







画像



悪くないとは思ったのですが…


ところどころ、記憶が飛んでしまった…

気がつくと容疑者らしき人が出てきたり、グレイスミスが再婚?してたり…

なんかもう、話がチンプンカンプンで…

限られた情報で頭の中を整理しようとしたのですが…

ムリでした ○| ̄|_


ストーリーについていけなかったぁぁぁぁ!

同じ日に2本見るんじゃなかったかなぁ…(>_<。)

単独で気合い入れて見に行けばヨカッタ…O(><;)(;><)O

画像



それにしても、この当時の警察はお粗末様だったんだなぁ。唯一生き残った被害者の所在がわからなかったり…
これでは捕まえられるものも捕まえられないよ!!




“その事件を追ってはいけない”追えばあなたも必ず嵌まるとパンフに書いてありましたが、嵌まる前に寝ちゃったよ!?

とにかく、DVDでリベンジだ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
一緒に行った友人が 少し寝てました。
それほど退屈な映画だとは思わないけど
もう少し 編集して短くした方が
スッキリすると思いましたっけ。
ジェイク(役名忘れた)が どうして
こうも嵌ったのか?そのとっかかりを
少し説明して欲しかったです。
単なるクイズ好きじゃなあ、こうまで
嵌らないと思うんだけど。
映画ファン
2007/06/29 21:29
映画ファンさま。
そうなんです、退屈ではなかったんだけど、なぜか記憶が飛んでしまったんですよね・・・
 たしかになんでこんなに嵌ってらしたんでしょうね・・・
とろ
2007/06/30 18:21
こんにちは。
寝てしまいましたか!^^
僕は結構、緊張して観ていられました。ただ、確かに話の内容の割には少し長いかも。
映画ファンさんの言うとおり、自分のブログにも書きましたが、ロバート・グレイスミスの事件への異常な嵌り方は、後半、イライラしてきました。(笑)
hiro
2007/07/01 13:15
これは気合と覚悟が必要な映画でしたよね。私は観る前に、仲良くなった映画館のお姉さんから、時間が猛スピードで過ぎていくという情報を仕入れたので、ストーリーに置いていかれないように必死でしがみついてました(苦笑)それでも分からないところが結構あったんですが^^;
それにしても、この当時の警察ってスゴイです。そりゃあ、犯人つかまらんよな〜と思わず大きく納得してしまいました(苦笑)
めいほあ
2007/07/02 01:52
hiroさま。
眠ってなんかいません!一瞬記憶喪失になっただけなんだよぉ・・・すいません、ホントは寝てしまいました・・・なんでだろうなぁ、私も緊張してたはずなのに・・・たぶんあの暗号文が人によっては眠気を誘うのかもしれませんよ・・・
グレイスミスさんは何者だったんでしょうね・・・なぜ、そんなに嵌ってしまったの・・・ほんと、謎です。
とろ
2007/07/02 17:51
めいほあさま。
映画館のお姉さんと仲良くなられたんですか。素敵ですね。いろいろいい情報を教えてもらえそうですね。とろにもぜひ、教えてください。
>気合と覚悟が必要な映画でしたよね
ですね!私はこの日2本観たので、気合が2分の1になってしまい、記憶喪失になっちゃったのかな・・・
必死でしがみついていためいほあさまでさえ、わからないところがあったのなら、情報の少ない私はなおさら、チンプンカンプンですよね・・・
とろ
2007/07/02 17:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ゾディアック』(51本目) とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる