とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『輝ける女たち』  (57本目)

<<   作成日時 : 2007/07/31 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

7月26日(木)

映画館のポイントが貯まったので、無料鑑賞です。

画像


《STORY》
南仏ニースのキャバレー“青いオウム”のオーナー、ガブリエル(クロード・ブラッスール)が急逝し、離れ離れに暮らす家族が久々に顔を合わせる。遺言により店は、かつて一世を風靡した人気マジシャンで息子同然に育てたられたニッキー(ジェラール・ランヴァン)を飛び越え、その子どもであるニノ(ミヒャエル・コーエン)とマリアンヌ(ジェラルディン・ペラス)の異母兄妹に譲られることになる。子どもたちとも元妻たちともしっくりいかず、遺産相続からもはじかれたニッキーの寂しい心は美しい歌姫レア(エマニュエル・ベアール)に向かうのだが…。


監督:ティエリー・クリファ

出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベアール、ミュウミュウ


画像




トホホ…(>_<)





ストーリーがさっぱりわかりませんでしたぁぁぁぁ…





なぜなら、眠ってしまったから。。。





一瞬なんてかわいいもんじゃありません。えぇ、ガッツリ寝ました。





少ない情報でなんとか理解しようとしたのですが、ダメでした。○| ̄|_





フランス語って、眠気を誘うんですかね…   えっ、私だけ!?






と、いうわけで、今回は感想どころではありません。ごめんなさいデスm(_ _)m






あっ、でも、キャバレーでダンスをしている女性たちがとても輝いてるなぁ…と、思いました。





このままではくやしいので、DVDでリベンジするかなぁ…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
輝ける女たち 
「輝ける女たち{%kirakira1_a%}」邦題通りの映画です。 きらきら自力で輝いている女たち。男たちはその光によって照らし出されている。 男たちの方がなんだかネガティブで前に進めてません。 私は同じ女性ですが、なんとなく情けない男たちの気持ちの方が理解しやすいというか^^; あんた達そんな女に囲まれて大変ね・・・ と、ちょっぴり同情してしまいました。 けど、そんな素敵な女性と人生を歩けて幸せね・・・ と、同時に羨ましくなりました。 ...続きを見る
めいほあしあんだ
2007/08/02 19:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
この映画 観ようかなと迷ってるうちに
他の映画観てたりして 気がついたら
上映が終わってました。
とろさんが寝てしまったということは
私も寝てたでせう。ドヌーブ、若い頃
憧れたなあ〜〜。
映画ファン
2007/08/01 08:22
その映画・・・つまんなかったんじゃ。。。
フランス映画って分かりにくいから。
上品なのか意味がないのかイマイチなのも多いし。
ニキータはよかったけど。
無料鑑賞でよかったね。
のんちゃん
2007/08/01 09:25
残念でしたね〜。そうかあ、確かにフランス語は眠気を誘うかも^^;私はコレ思ったより楽しめたのですが・・・フランスの『結婚離婚家族事情』を知らずに見ると、このストーリーは分かりにくいんじゃないでしょうか。最初の方「誰と誰が家族で、一体どんな関係なの?!」と思われませんでしたか?あそこが飲み込めないと結構理解に苦しむと思います。
ゲイのお兄ちゃんがカッコよかったんで、私はそこだけでも美味しかったです♪
めいほあ
2007/08/02 02:25
映画ファンさま。
映画見てる途中でハッと目が覚めたときはショックでした・・・後半はちゃんと起きて見たんだけど、頭のなか???だらけでした・・・ほんと、トホホです。
とろ
2007/08/02 18:35
のんちゃんさま。
>その映画・・・つまんなかったんじゃ。。。
そ、そうなのかなぁ・・・その判断をする前に記憶がなくなってしまったので・・・フランス映画ってあまり見たことないんですよね・・・
>無料鑑賞でよかったね
まったく、その通りです。(^^)ゞ

とろ
2007/08/02 18:41
めいほあさま。
>フランスの『結婚離婚家族事情』を知らずに見ると・・・
なにか特殊なんですか、フランス人って!

>「誰と誰が家族で、一体どんな関係なの?!」
思いましたぁ!ていうか最後まで謎でした。。

>ゲイのお兄ちゃんがカッコよかった・・・
もう、それだけが救いというか楽しみだったというか・・・。
はんまに散々の映画でした。
とろ
2007/08/02 18:47
特殊っていうか・・・笑)それが向こうだったら普通なんですが・・・
あの家族関係って お父さんに元妻が二人。最初の妻がカトリーヌドヌーブで、後妻がミュウ・ミュウ。
結局どっちとも離婚して、現在は独身。その二人の妻の間に息子と娘(この二人は異母兄弟)がそれぞれ一人ずつ。
で、ミュウミュウは再婚してて、その旦那と一緒に葬式の手伝いに来てたわけです。
ドヌーブは意地を張って、葬式に来てはいなかったけど、後でお父さんの前に現れた。

こんな感じで、昔の家族に何かあった時なんかは、みんなで助け合う。誰と誰が家族か、最初は私も理解するのに一苦労でした。

フランスでは一見こんな複雑な家族関係が普通に成り立っているのです。

説明が下手でゴメンナサイ。少しでも役に立てれば幸いです。
めいほあ
2007/08/02 19:39
めいほあさま。
わざわざ解説ありがとうございま〜す!
元妻の旦那まで葬式のお手伝いに来るんですね・・・
勉強になりました!
とろ
2007/08/03 19:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『輝ける女たち』  (57本目) とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる