とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『アヒルと鴨のコインロッカー』  (67本目)

<<   作成日時 : 2007/08/29 18:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


ポイントがたまったので、タダ見です。

画像


《あらすじ》
仙台の大学に進学し、初めて一人暮らしを始めた椎名(濱田岳)。ボブ・ディランの「風に吹かれて」を口ずさみながら引越の片付けをしていると、アパートの隣人・河崎(瑛太)から唐突に本屋襲撃に誘われる。やはり同じアパートに住むブータン人留学生が落ち込んでいるから「広辞苑」をプレゼントするのだと。困惑しながらもモデルガンを手に襲撃の手伝いをしてしまう椎名に、河崎はペットショップの店長・麗子(大塚寧々)には気をつけろと忠告する。



監督:中村義洋

出演:濱田岳、瑛太、関めぐみ、松田龍平、大塚寧々

原作:伊坂幸太郎


画像



うわぁ、もう、ヤラレタ!!


すっかりだまされたよぉ。。


原作を読んでないので、てっきりコメディだと思ってたのに違った…。いや、勝手に思い込んでただけなのですが・・・。パンフレット見たら「このミステリーがすごい」国内編第2位って書いてあるじゃありませんか(゜Д゜)
でも、そのおかげ?で展開が全く読めず、すごいおもしろかった(*´д`*)


それぞれのことば、行動、すべてに意味があって、そこかしこにヒントがちりばめられてたのに、ぜんぜん気付かなかった…。

「ペットショップの店長には気をつけろ」

とか、

「隣りの隣りのブータン人」

とか、

「広辞苑と広辞林を間違えたり」

とか…。他にも挙げたらキリがないくらい。真相がわかってくるにつれて、あぁそういうことか…、なるほどねっと感心せずにはいられませんでした。




見てる途中で「あれっ、そういえば、松田龍平まだ出てきてないぞ」って思ったのですが、まさか、こんな重要なキーマンとは、驚きでした!

画像


主演の2人の演技がとってもよかった。濱田岳クンはこの映画で初めて知ったのですが、ひょうひょうと椎名を演じてて、なんか可笑しかった。瑛太クンは切なさをかもしだしてて、いうことなしです。河崎にはホント騙されました。




ラストで椎名がコインロッカーにあるものを入れるのですが、椎名の優しさに思わずジーンとしました。

画像



ちょっとおかしくて、かなり切ないお話でした。結末がわかった上でもう1回見てみたいかも…、そして原作も読みたいなぁ。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私は原作が先でしたので 説明が
丁寧だと感じました。それは きっと
分かっていたからでしょうね。
是非 伊坂さんの本も読んでみて。
「重力ピエロ」も 超 お薦めです。
映画ファン
2007/08/30 10:15
映画ファンさま。
原作を先に読まれてから見られたのですね。
この映画私の中ではかなり衝撃的でした。。ブータン人がまさか、○○だったとは・・・びっくりでした。
>説明が丁寧だと感じました
そうなんですか・・・これはますます原作を読んでみたくなりました。あと、「重力ピエロ」ですね。読んでみます。
とろ
2007/08/30 17:45
とろさん こんにちは。
タダ見でこの映画とは!!とってもお得でしたね〜。私もこの映画は騙されました。けど、それがとっても気持ちよかったです。
私も結末を知った上でもう一度是非見たいと思いました。
めいほあ
2007/09/05 02:25
めいほあさま。
>とってもお得でしたね〜
はい、お得でした!でも、お金払ってても全然損した気分にはならない映画でしたよね!

>私もこの映画は騙されました
ねぇ、ほんと、騙されましたよね・・・瑛太くんに。えぇぇぇっ!そうだったの河崎って、思わず叫びそうでした(^^)ゞ

原作もなんか読み応えありそうな気がします。。
とろ
2007/09/05 20:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『アヒルと鴨のコインロッカー』  (67本目) とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる