とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『幸せのレシピ』  (79本目)

<<   作成日時 : 2007/09/24 09:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

9月18日(火)

試写会です♪

画像


《STORY》
ニューヨークの人気レストランで料理長を務めるケイト(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は完全主義者。仕事に対する情熱は人一倍。厨房では料理人たちを取り仕切り、目が回るような忙しさの中、正確に、完璧に、すべての料理を仕上げていく。積み重ねてきたキャリア、努力して手に入れた自信と賞賛、やりがいのある仕事、築き上げた自分の居場所。でも、気付かない幸せは、自分が決めたレールの外にあるのかもしれない…。予期せぬ出来事から“完璧な厨房”の外へと踏み出すことになったケイトが見つけた新しい自分とは…。



監督:スコット・ヒックス

出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アーロン・エッカート、アビゲイル・ブレスリン


画像


まさに、『幸せのレシピ』な映画でした。
こういう映画って大好き!
料理にいちゃもんをつけるお客さんは出てきたけど、悪い人がぜんぜんでてこなくて、イヤな気分になるシーンがひとつもなかった。よかったデス。

画像


画像


キャサリン・ゼタ=ジョーンズがすごくよかった。完全主義者ぶりは今までのキャサリンのイメージ通りだったけど、姪っ子と一生懸命に遊ぶシーンとか、すっごいかわいかった!
そして、お料理する姿が美しい!思わず見とれてしまいます。
前から、綺麗な女優さんで好きだったけど、今回、違った一面が見えて、ますます好きになりました。

画像


画像


あと、姪っ子役のアビゲイルちゃんもめちゃめちゃよかった!
「ママのこと忘れそうなの」って言うシーンがあるんだけど、アビゲイルちゃんの演技に思わず“きゅーん”としてしまいました。

画像


画像


この2人が良すぎて、アーロン・エッカートはちょっと影薄かったかな…。

画像



おもしろかったけど、女性向けの映画かなぁ…。

美味しそうな料理がたくさん出てきて、心もお腹もいっぱいになる映画でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
とろさん、こんばんは。
さすがに早いですね。^^僕もこの映画、絶対に見に行きたいと思ってます。というのも、この映画は2002年の冬に日本で公開されたドイツ映画の完全リメイクなのです。主演の女性は、あの「善き人のためのソナタ」で最後に死んでしまうマルティナ・ゲディックなんですよ。
あの時も僕は最高に近い評価をしていたのですが、それがイメージピタリのキャサリン・ゼタ・ジョーンズにアーロン・エッカートが相手役、そして子役が「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイルちゃんでしょう!!映画館で予告を見たときに『反則だよ!』って思わず呟いてしまいました。
hiro
2007/09/25 01:21
ハリーポッターを見に行ったときに予告で見て
面白そうだなと思いました。
完全主義か。
のんちゃんと対極にいる人だわ(笑)
予告ムービーの中で客にすごいことしてたけど
それだけ自分の仕事にプライドがあるのね。
尊敬します。
のんちゃん
2007/09/25 12:02
hiroさま。
>『反則だよ!』
あははっ、反則ですか!ほんとよかったですよ!キャサリンはこの役ぴったりでした!
でも、ほんとのピカ一はやっぱり、アビゲイルちゃんかな!『リトル・・・』は映画館で見れなくて、レンタルしようと思ってこのあいだ行ったら、レンタル中でした。。
ドイツ映画のほうは見たことがないので、今度ぜひ見たいなぁと思ってます。
とろ
2007/09/26 08:59
のんちゃんさま。
わたしもどっちかっていうと、のんちゃんに近いかも!B型だしね!

お客にお肉が「レアじゃない!」ってクレームつけられて、生肉持って行ってましたよ!キャサリンってば・・・笑いました!
とろ
2007/09/26 09:03
“女性の料理人さん”?
実際の業界だと以外に少ないですよね、女性シェフって。
レシピ立てとか盛り付けの感覚などは、女性がリードできる立場とも思うんですが。
調理現場だとチカラが要ったり熱かったりするからでしょうか?

B型... B型...
にいがたのオイラもびぃ型  (^_^;)ゞ
B型... @( ̄□ ̄;)オイラ
2007/09/26 11:38
とろさま。
ドイツ版、というか、オリジナルの「マーサの幸せのレシピ」はDVDになっているか分かりませんが、機会があったらぜひ観てください。多分、物語は全く一緒です。^^
それから「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイルちゃんは、最高ですよ。お腹ポッコリで可愛いです。ぜひご覧あれ!
hiro再び
2007/09/26 23:17
B型えちさま。。。奇遇ですね!えちさんもB型ですか。うちは、だんなもB型で、よくみんなに心配されます。イチローもB型だし、B型は天才が多いらしいですよ!なんてったって、のんちゃんがB型ですから、怖いもんなしです!。。。厨房ってやっぱり男の職場という気がします。そんな中で女性が頑張ろうと思ったら、並大抵のことではないと思います。その辺もこの映画で描かれていると思いますよ!
とろ
2007/09/27 17:49
hiroさま。。。またまた、コメントありがとうございます!『マーサ…』はないかもしれませんか…。それでも、機会があれば見てみますね!
とろ
2007/09/27 17:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『幸せのレシピ』  (79本目) とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる