とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』  (82本目)

<<   作成日時 : 2007/10/24 18:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
9月21日(金)鑑賞


《あらすじ》
両親の訃報を受け、音信不通だった澄伽(佐藤江梨子)が東京から戻る。家には、母の連れ子だった兄・宍道(永瀬正敏)と結婚相談所の紹介で嫁いできた兄嫁・待子(永作博美)、内向的な妹・清深(佐津川愛美)がいた。4年前、女優になることを反対された澄伽は、同級生を相手に売春して自己資金を貯めた。それを清深が漫画にし、雑誌に掲載されたことを澄伽は恨んでいた。ある日、澄伽は新進の映画監督が次回作の主演女優を探していることを知り手紙を書く。思いがけずに返事が来て…。


監督:吉田大八

出演:佐藤江梨子、佐津川愛美、永作博美、永瀬正敏


画像


サトエリがねぇ…、もうちょっと演技上手だったらよかったのになぁ…。キャラ的にはすごくあってた、というより“地”でいってますか?
それにしても、サトエリ、スタイルいいなぁ。うらやましいなぁ…。下着姿になるシーンがあったんだけど、思わずみとれてしまいましたにょ…。

(*´д`*)


画像


みんなそれぞれ独特なキャラを演じてたのですが、ピカ一は永作博美でしょう!あの独特なキャラ、あまりのお人好しぶりに笑えたし、悩んでる姿は、涙さそわれました…。一番感情移入できたキャラかも。

画像



ストーリーはまぁ、面白かったかな。予想外の方向に話が進んで行ったし。けっこうドキドキしながら見てました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらでは 大分前に終わってしまいました。
案外良い映画かも?と思いながら
観ませんでした。演技って 観ていて気になる
ってことは 下手かも?
映画ファン
2007/10/25 09:32
映画ファンさま。
1ヶ月前に見た映画の感想を今頃書いてますの・・・。すぐ書かないとダメですね。いろいろ忘れて・・・、なんかもっといろんなことを思った気がするのになぁ、と思いながら完成させました。
この映画は、奥が深いような、見る人によって好きか嫌いか別れそうな映画だと思いました。
とろ
2007/10/25 20:34
サトエリは大根だったのか。
だからドラマとかにも出ないのかしら。
せいぜいCMくらいだもんね。
でもおっぱい大きいよね。
でもおっぱい大きいよね。
でもおっぱい大きいよね。
でもおっぱい大きいよね。
でもおっぱい大きいよね。
でもおっぱい大きいよね。
のんちゃん
2007/10/26 09:36
のんちゃんさま。
サトエリは、ないすばでぃ〜だよね・・・背高いし、手足長いし、胸の大きさもちょうどいい感じだし・・・。
うらやましすぎるゾ!
でも、演技ヘタでした・・・。演技もうまかったら、たぶん世の中の女子みんなから嫌われてたかも・・・。
とろ
2007/10/26 20:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』  (82本目) とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる