とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『パンズ・ラビリンス』  (98本目)

<<   作成日時 : 2007/10/27 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

画像
10月25日(木)

《STORY》
1944年、内戦終結後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な養父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が現れ、森の中の迷宮へと導く。そこではパン(牧神)が王女の帰還を待っていた。オフェリアは魔法の王国に戻るために3つの試練を与えられるのだった。



監督:ギレルモ・デル・トロ

出演:セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、イバナ・バケロ、ダグ・ジョーンズ


画像



ダークファンタジーと聞いていたので、ツラい現実から逃れ、迷宮での話がメインなんだと予想していたのですが、まったく違ってた!

現実の出来事と迷宮での出来事が同時進行で、しかもだんだんうまい具合に絡み合ってきて…、おもしろかった!


見る人によっていろんな受け取り方があるだろうなと、思いました。


画像



残忍なシーンがたしかに多い。直視できないシーンもたくさんありましたが、私が一番ダメだったのは…、




オフェリアの体に大きなだんご虫がいっぱいついてるシーン…。

((((゜д゜;))))

これには、マジで失神しそうでした…。

(>_<。) (>_<。) (>_<。) (>_<。)

虫、、、苦手なんです…。もちろん普通の大きさのだんご虫もさわれません…。それなのに、それなのに、手のひらサイズのだんご虫がうじゃうじゃ…。
私の中では地獄でした…。


画像



ラストは衝撃でした!予想外の展開で、一瞬何がおこったのかわからなかった…。スマステのツキイチゴローで「ありえないラスト」って言ってたのが、納得です。
そして、あまりの神々しさに、鳥肌がたち、涙も浮かんできました。


画像



広島では1箇所のみ…、上映劇場数が少ないのが、とてももったいない。残酷なシーンが多々あるとはいえ、とてもよくできたとても素晴らしい映画でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『パンズ・ラビリンス』
現実と幻想が表裏一体となったギレルモ流ラビリンスヘようこそ! 〈3つの試練〉を乗り越え、オフェリアと永遠の幸せを探す旅へ。 ...続きを見る
シネマのある生活〜とウダウダな日々
2007/11/07 00:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
森の中の迷宮か。そんで妖精か。
シェイクスピアの真夏の夜の夢みたいだね。
登場人物にオベロンとかタイターニアとか出てきた?
オフェリアもシェイクスピアのハムレットに出てくるね。
怖いのはやだけど見たいな。

お手手に目が付いてるの?
顔には付いてないの?
のんちゃん
2007/10/28 01:01
見てこられたんですねぇ(*>_<*)!!
う、羨ましいー!!
「ありえないラスト」って、何ー!?
めちゃくちゃ気になります(T□T;)!!
マキサ
2007/10/28 15:12
のんちゃんさま。
顔には目がついてないのよん。最初は、お皿の上にお目目がのってて、あることがきっかけで、手のひらにお目目を自分で埋め込んで、しゃきーん!って動き出すの!むっちゃ怖い!あの体勢で追いかけてくるから!
とろ
2007/10/28 20:54
マキサさま。
見てきましたよ〜ん!マキサさんの近くではやってないんでしたよね。残酷なシーンとか大丈夫だったら、ぜひレンタルで見てみてください!
とろ
2007/10/28 20:58
だんご虫は 大丈夫でした。
あの口のシーンの方が 心の中で
「ギエ〜〜〜」とか言ってました。
縫うなんて すご!
冷酷な人は たいして痛くもないのか?とか
思っちゃったよ。
ラストは あれっきゃないよね。
最初のシーンに見事に繋がるよね。
最高の映画だったなあ〜〜〜
映画ファン
2007/10/29 09:20
映画ファンさま。
口のシーンは私も「ひょぇ〜〜〜」でしたよ!
ぶちって切られる瞬間もだし、ましてや自分で縫うなんてぇぇぇ。ありえないぃぃぃ。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル  
でした!

ラストはほんとすばらしかった!!ですね。
とろ
2007/10/29 18:29
こんばんは、とろさん。

私は神戸のミニシアターで鑑賞。あと大阪(仕事場はこっち)でも同じミニシアターでやっていました。
たまにミニシアターで観ますが、いい作品が埋もれていたりします。この映画もずっとチェック入れていたので絶対観にいこうと思っていました。

ハリウッド映画にはない質感。現実も非現実もどちらも選択しがたいものがある気はしましたが、私もとろさんと同じで虫だけはダメです。小さい頃は意外と平気だった気がしますが、今は無理です。まして上ってこられても・・・・・ッ!
それ以外はなんとか・・でした。
でも全体的には堪能しました。
ケビン
2007/11/07 00:45
ケビンさま。
コメント&TBありがとうございました。
虫ダメ仲間に出会えるとは、思いもしませんでしたが、あのシーンは私にとっては拷問のようでした。
私も全体的には堪能しましたよぉ!

私もミニシアター系けっこう好きです!いい作品が埋もれてますよね!

とろ
2007/11/07 19:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『パンズ・ラビリンス』  (98本目) とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる