とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ベオウルフ/呪われし勇者』  (113本目)

<<   作成日時 : 2007/12/17 18:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6


画像
呪われたプライド

凶暴な誘惑


《STORY》
6世紀のデンマーク。フローズガール王が盛大な宴を催す中に、醜く巨大な怪物グレンデルが姿を現した。人々を虐殺したグレンデルに対し、王は褒賞を用意して討伐隊を募集。これに応じた戦士ベオウルフは、見事グレンデル撃退に成功する。戦勝を祝い再び華やかに繰り広げられる宴。しかし翌朝ベオウルフが目にしたのは、皆殺しにされた兵士たちの姿だった。彼はその犯人と思わしきグレンデルの母親の元へと向かうが…。



監督:ロバート・ゼメキス

出演:レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、ジョン・マルコビッチ、ロビン・ライト・ペン・アンジェリーナ・ジョリー



3D専用メガネを装着しての鑑賞です。レディースデイなどの割引が一切きかず、2000円と少し料金が高めだったので、見に行くのすごく迷いました。が、「百聞は一見にしかず」。3D映像ってどんなもんか見てやろうじゃん、ということで、見に行ってきました。


で、どうだったかというと…、



「3Dすげぇ〜!!」



いや、もう、迫力が全然違う!槍や矢、斧や石や火の粉…、目の前に飛んで来る来る…。ほんとに目の前にあるかのような、立体的映像でスゴかった!もう、ハラハラドキドキ!
だけど、2時間近くこの映像を見続けるのは、とても疲れました。あと、動きの早いシーンやごちゃごちゃしたシーンはちょっとついていけなかったカナ…。


ストーリーはまあまあ面白かった…。だけど、ベオウルフが王になったかと思ったら、何年も月日がたってて…。原作にあるか知らないけど、ベオウルフの王としてのエピソードが見たかった…。

画像

アンジェリーナ・ジョリーがなかなか登場しなくて、いつでるのかやきもきさせられた。思ってたよりも出番が少なかったように思いました。やっと登場した時は、その風貌や声色、ものすごい存在感でした。



それにしても、あのラスト…。呪いが断ち切れる時は来るのだろうか…。とても意味深な終わり方でした。




12月14日(金)  鑑賞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ベオウルフ/呪われし勇者』
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ(01〜03)にも匹敵する壮大なストーリー、『300』(06)をも凌駕する刺激に満ちたアクション。 最高のファンタジーと最高のアクションがいま完璧なる融合を果たす! 最新の映像技術のもとに初めて実現した驚異のアクション・ファンタジー『ベオウルフ/呪われし勇者』。 アカデミー賞監督ロバート・ゼメキスが映画史を書き換える。 ...続きを見る
シネマのある生活〜とウダウダな日々
2007/12/27 23:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ラストは 無限に続く・・ってとこが
良いんじゃない?
3Dって アニメチックな登場人物も 全部
立体ってこと? すごいだろうなあ
今年 映画に関しては 一番残念なこと
だわよ。
みいな
2007/12/18 09:42
みいなさま。
歴史は繰り返すってとこでしょうか。。
3Dすごかったです。槍とか飛んでくるとき、思わずよけそうになりました。残念でしたね・・・たぶん3Dで見ないと映像のすごさ半減なのではないかと思いました。
とろ
2007/12/18 20:58
僕も3Dで観ました。
アンジェリーナ・ジョリーの肢体が3Dで観られるとワクワクしていたのですが・・・アニメでしたね。^^;
hiro
2007/12/24 07:43
hiroさま。
3D映像はすごかったですね!
アンジーは残念でしたね・・・(^^)十分イロっぽかったと思うのですが・・・ダメでしたか。
とろ
2007/12/24 20:49
こんばんは、とろさん。

いいですね!私は3Dで観なかったので半減ですかね…
フルCGだったということで、善し悪しが出た作品だったと思います。
表情などはやはり生の役者が演じても良かったのではないでしょうか?

叙事詩なんですが、断片的にしかなかったみたいですね。けっこうストーリーも純粋にはそのままではないそうですよ。
例えば、最初はグレンデルとその母が両方ともベオウルフにやられてしまうそうですよ。

ケビン
2007/12/27 23:20
ケビンさま。
いつもありがとうございます!
3Dで見ると印象違うのではないかと思いますが、全部CGにする必要はなかったように思います。表情はかなり不気味でしたよね!

>断片的にしかなかったみたいですね
やはり、そうですか!もう少し説明してくれてもいいのに、と思いましたもの。でも、これ以上映画が長くなると3Dで見るのは、ものすっごい疲れると思うので、これくらいが妥当なのかな・・・?
とろ
2007/12/28 20:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ベオウルフ/呪われし勇者』  (113本目) とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる