とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 書けなかったの…

<<   作成日時 : 2008/01/09 20:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007年に見たけど、感想を書けなかった映画たち…。


『さらばベルリン』(84本目)
監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:ジョージ・クルーニー、ケイト・ブランシェット、トビー・マグワイア
画像

40年代の映画っぼく作られたこの作品、試写会までの時間つぶしで、みたのですが…。いやぁ〜、寝たなぁ…。そのせいか(それだけじゃないと思うけど)話がさっぱりわからなかった。登場人物がさっぱり???で…。
昔の映画に特に思い入れもないし、「???」だけが残った映画でした。
(9月26日 鑑賞)



『スキヤキウェスタンジャンゴ』(89本目)
監督:三池孝志
出演:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介
画像

好きか嫌いか分かれてたこの作品、私的には好きな作品でした。特に伊勢谷義経が色っぽくてよかった!
桃井かおりは、正直どうでもよかったけど、けっこう楽しめた(笑えた)作品でした。
(10月3日 鑑賞)



『サッドバケーション』(91本目)
監督:青山真治
出演:浅野忠信、石田えり
画像

どうやら、北九州3部作のラストだったらしく、少し話がわかりづらかった。まったくわからなかった訳ではないけど、どうせなら、前2作を見てから見ればよかったと、少し後悔した作品…。
想像しない方向に話が進んでいって…、母は強しというか、女は強いよと、感じた作品でした。
(10月5日 鑑賞)



『めがね』(93本目)
監督:荻上直子
出演:小林聡美、もたいまさこ
画像

ヒーリング・ムービー?ってなくらい、なんだか癒される映画でした。癒やされすぎて、一瞬意識が朦朧と…。気づいた時に、それまで出てなかった薬師丸ひろ子が出てきてたのには、ちょっとビックリ!?そういえば、イビキかいて爆睡してるおっさんもいたなぁ…、面白くなかったのかなぁ…。ゆったりしてて私的には好きな感じの映画だったんだけど…。
ただ、みんなでご飯食べて、メルシー体操をしてるだけなんだけどなぁ…。都会生活の疲れた心を、癒やしてくれるものがありました。
(10月11日 鑑賞)



『クワイエットルームへようこそ』(103本目)
監督:松尾スズキ
出演:内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、大竹しのぶ
画像

なかなか扱いにくい題材だろうに、とてもおもしろかった。笑えたしね!話の進み方もよかったし、大竹しのぶやりょうなどキャスティングもよかったように思いました。特にスレた蒼井優の演技がとてもよかった。みんなけっこうダメ出ししてた妻夫木クンですが、私は意外にありだと思ったのですが…。
(11月9日 鑑賞)



『ディスタービア』(108本目)
監督:D・J・カルーソ
出演:シャイア・ラブーフ
画像

前置き長っ!この映画のジャンルって何だったっけ…、と考えたよ…。あまりこの手の映画を見なれてないからかもしれないけど、引っ張るだけ引っ張ってどーんときたので、実はけっこう怖かった…。けどねぇ…。
(11月30日 鑑賞)



『サルバトールの朝』(109本目)
監督:マヌエル・ウエルガ
出演:ダニエル・ブリュール
画像

この作品を見る前は、まったく無実の人が巻き込まれてしまった話かと思ってたのに…。ていうか、グレーじゃん!黒でもないけど白でもないし…。
結局のところこの作品で何が言いたかったのか…、サルバドールの半生?それとも不当な死刑宣告…?どこに重点をおいているのかわかりづらかった。不当な…なら、描写不足な気がしました。
だけど、ラストの処刑シーンは、その方法や周りの人たちの言動に、いろいろ考えさせられました。
(12月1日 鑑賞)


『続・Always三丁目の夕日 』(110本目)
監督:山崎貴
出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪
画像

文句なくよかったです!笑って泣いたぁ〜!
冒頭のシーンも、ああいうつながりならありでしょうと、思いましたよ。
茶川とヒロミのやりとりも泣けたけど、一平くんが美加ちゃんに色鉛筆をあげるシーンが、初々しくて健気で、実は一番好きなシーンかも。
(12月5日 鑑賞)




2007年は、計117本の映画を見ました!目標だった100本を超えたので、自分をほめてあげたいです!
2008年もたくさん映画見るぞぉ〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
結構、感想たまっていたんですねぇ〜。(笑)
「ディスタービア」は、僕も面白かったけど、いくつか「?」の残った映画でした。
「続・Always三丁目の夕日」は、僕もあの鉛筆のシーンが一番好きです。
それにしても117本ですか!
凄いなぁ・・・。僕はなかなか年間100本にたどり着きません。
hiro
2008/01/10 01:41
117本ってすごいね!
「サッドバケーション」と「めがね」
観てないよ。
あとの感想は 大体同じです。
三丁目では 色鉛筆も良いけど
犬に○○するシーンが好きです。
ジャンゴの伊勢谷君 すてきだよね。
やっぱ 好みが同じ?
みいな
2008/01/10 09:37
hiroさま。
てへへっ、昔から夏休みの宿題やら仕事やら、ためてばかりの人生・・・。子供の頃からまったく成長していないのですよ。。。
『年間100本超え!』を目標にしてましたから、がむしゃらに見ました!試写会もバンバン応募してましたしね。あと、レディースデイの水曜はパートのシフト入れないようにしてますから・・・!
ちなみに来週の火曜日は、あの、あの、ジョニデの『スウィーニー・トッド』の試写会に行ってきますのぉ〜!
とろ
2008/01/10 19:01
みいなさま。
ちゃんと117本ってカウントしてる自分がなんだかカワイイヤツと思っている今日この頃・・・。

『ジャンゴ』の伊勢谷クンほんとよかったですよね!みいなさんと好みが一緒でうれしいわ!

『三丁目』の犬に○○するシーン・・・?え〜、どこのシーン?三浦友和関わってますか?思い出せないよぉ。
とろ
2008/01/10 19:06
三浦友和が 犬を家に連れてって
○○するシーンですよん。あのやりとりが
かわいくて 好きなんです。
みいな それはね
2008/01/11 09:12
みいなさま。
わざわざ、ありがとうございます!
やっぱり、三浦友和とのシーンでしたね。
日常の小さな幸せがたくさんつまったいい映画でしたよね。
とろ♪
2008/01/12 19:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
書けなかったの… とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる