とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ペルセポリス』

<<   作成日時 : 2008/03/12 19:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

ロックとユーモアと
  ちょっぴりの反抗心を胸に

画像
《STORY》
1978年のテヘラン。9歳のマルジは、パパとママ、そしておばあちゃんに愛され、何不自由なく暮らしていた。そんな時代に革命が起き、反政府主義者だったおじさんが帰ってくる。しかし革命から1年後、おじさんが投獄。自由に発言もできなくなった社会にマルジの将来を案じた両親は、彼女をウィーンへ留学させる。ウィーンでマルジは次第に大人の女性へ成長するが、海外での生活に疲れ、テヘランの家族の元へ帰る決心をする。


監督・原作:マルジャン・サトラピ
声の出演:キアラ・マストロヤンニ、カトリーヌ・ドヌーヴ、ダニエル・ダリュー
(2007年/フランス)

画像


けっこうおもしろかったし、ちょっとしたイランの現代史の勉強にもなりました。

主人公・マルジとほぼ同世代なんだけど、私が日本でのほほんと勝手気ままに暮らしてた時に、遠く離れたイランの子たちが、激動の時代を生きてたことに、なんだかちょっと考えさせられました。
でも、けっして暗い映画ってわけではなく、同じ女の子として共感できる部分が多々あり、どんな困難な状況でも、自分らしくがんばろうと言っているように思いました。

画像


実写でもいけそうだけど、アニメですることで、いろいろな感情がよりリアルに伝わりやすくなってたんじゃないかと、思いました。

3月1日(映画の日) 【08ー23本目】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
この映画、見たかったんですよねぇ〜。中東の国は民族意識や宗教など、僕たち日本人には理解出来ない部分もありますが、こうしてみるとやっぱり同じ人間なんだなあと思います。
hiro
2008/03/13 07:14
hiroさま。
けっこうよかったですよ!ブラックユーモアもちりばめられてておもしろかったです。DVDででもぜひ見てみてくださいませ〜。
>やっぱり同じ人間なんだなあ・・・
ほんと、その通りです。ちょっと生まれた国が違うだけで、堂々とおしゃれが出来なかったり、いろいろ制約を受けてしまったり・・・。でも、思うこと考えることは同じなんですよねぇ。
とろ♪
2008/03/13 19:03
わー!これはいいね!
中東の映画はアメリカ映画に比べると
どうしても上映本数が少ないから
チャンスがあれば見たいよね。
向こうのアニメに対しても興味あるし。

日本に生まれただけで幸せなのかもね。
それを当たり前だと思っちゃってるけど。
のんちゃん
2008/03/13 21:06
イランですかぁぁ〜、こりゃまたシブい国のアニメですなぁ!
でも、実写化はキビシーかったんじゃねぇかな。
イスラムの戒律から想像すると
“オトコしか出演しないような映画”になっちゃうでしょうからね(笑)。

イスラム女性の衣装(チャドル、ブルカ)・・・
あの“すき間から見える目”がエキゾチックでキレイですよね。
家族以外には絶対に見せない素顔かぁ.....
σ(´ω`*)オイラみたいね、ナゾだらけ^^;
インシャラー _|\○_
2008/03/14 00:20
うわ〜っ、私もこの映画絶対観たいです!素敵な作品をいつも紹介してくださって本当にありがとうございます。もしかしたらDVDになってるかもしれないんで、早速探してみます。
めいほあ
2008/03/15 08:34
のんちゃんさま。
これ、イランのお話なんだけど、一応フランス映画なんだよぉ・・・。でも、原作・監督の人はイラン人だから・・・ん、あれっ、どうなるんだろうね。
とろ♪
2008/03/15 20:54
インシャラーってなに?えちどの。
シブいですか!でも、けっこうおもしろかったですよ。生まれた国は違っても、女の子はみんな一緒ね!って感じ!
>実写化はキビシー
あぁ、そうかぁ、なるほど!さすがえちさんですな。
とろ
2008/03/15 20:59
めいほあさま。
正直、この映画みんなにここまで反響あるとは思ってなかったのですが・・・。
なかなか、イランの女の子の気持ちとかわかる機会とかないしね。けっこう笑えるシーンあり、考えさせられるシーンあり、いろいろな観点から楽しめる作品だと思いますよ!
とろ♪
2008/03/16 20:34
魔法の絨毯に乗って“開けゴマゴマ”と、世界を飛び回ってるアリババえちおです。^^

>インシャラーとは?
インシャラーとは、イスラム教徒がよく使う一言で「すべては神(アラー)の思し召し」という意味。
非常に便利な言葉なのだそうだ。
フツーに言うなら、
“先のことはわからないから、こんなトコでえぇやん”ってな意味かなぁ〜。(笑)
タイの「マイペンライ」“大丈夫、なんとかなるさ”に良く似た意味でしょうか。

約束の時間に間に合わない、遅れても、失敗しても、約束を守らなくても、すべてが「インシャラー!」で済ましちゃう...。
(万事、焦ってもなるようにしかならないさ。それに急いで歩くと疲れるじゃん。)
てな感じで適当なんだって、熱い地域だから。(;つД`)トホホ
解説しよう! (タイムボカンかぃっ!?...
2008/03/16 20:54
ドクロベェえちどの。
わざわざ、ありがとうございました!
勉強になりましたよぉ!

インシャラ〜!・・・?
とろ♪
2008/03/20 17:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ペルセポリス』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる