とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『人のセックスを笑うな』

<<   作成日時 : 2008/03/23 20:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

恋に落ちる。世界が変わる。
19歳のボクと39歳のユリのいかれた冬の物語。

画像
《あらすじ》
美術学校に通う19歳のみるめは、新任のリトグラフの講師ユリに絵のモデルを頼まれる。アトリエに連れて行かれ、されるがままにするすると服を脱がされてしまう。以来、20歳年上のユリにすっかり骨抜きにされて2人で過ごす濃密な時間にのめり込むが、ある日、夫がいることをさらりと告げられ愕然とする。突然現れた年上の女に振り回されて一喜一憂するみるめを同級生のえんちゃんは複雑な思いで見つめていた。


監督:井口奈己
出演:永作博美、松山ケンイチ、蒼井優、忍成修吾

画像


原作未読です。39歳の女と19歳の男の子のお話しということでちょっと見てきました…。20歳違い…、自分に置き換えると恐ろしい…。

画像


ホワワァ〜ンとしてて、けっこう好きな雰囲気の作品だったけど、この内容で、2時間超は長すぎる。それぞれのシーンがやたら長かった。もう少しスッキリ出来てたんじゃないかなぁ…。後半はスッゴいダレてた…。
それにあのラストはいかがなものかと…?えっ、これで終わり?みたいな…。ここまで引っ張っといて、なんだか腑に落ちない終わり方でした。


だけど、永作さんはもちろん、それぞれの役者さんたちの演技が、みんな自然でよかった。
松ケンは初々しくて思わず“きゅ〜ん”としました。
画像

           ↑
         特にキュン死にしたシーン (^^)ゞ
         ヤバイデスね、この永作さんの笑顔!
         こんな風にいつまでもかわいくありたいものです・・・。

みんなみんなよかったんだけど、誰よりも蒼井優チャンが一番よかった!ちょっと男勝りな、せつない片思いの女の子ぶりが、すごく好感がもてました。




3月7日(金) 【08ー27本目】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
とろ♪さん、おコンチャァ〜〜ッす!

ナオコーラさんの原作は読みましたゼ。でも、映画化になってたとは^^;
キャストがどうもピンと来ないのは永作さんしか知らないからかな...(;つД`)トホホ

フシギな関係の二人だけど、ナンだかホワァ〜ンと話が進みフニャァッと結末がやってくる筋書きだったと思ったけど、映画では・・・!?
小説としては場面場面での細かい描写表現がけっこう才能ありそうに思えたんですが、
そこを映像では表現できなかったのかな、とろさんの感想を読む限りは。^^;
笑っておくれ、オイラの _|\○_?
2008/03/25 17:38
HNのトコに入れた、
 _|\○_? ←これがわかんなくなってるネ。
スマンッ!(;つД`)
2008/03/25 17:40
ギロチン?えちどのぉ〜!
キャスト知りませんか?松山ケンイチは『デスノート』、蒼井優チャンは『フラガール』に出演してましたよ!どっちも見てませんか?テレビですでに放映されたんですけど・・・。

確かに、ホワァ〜ンとしててフニャァッ・・・としてました!私も嫌いじゃないこの感じ!だったんだけど、2時間20分くらいあったのね・・・。映画としては長いよね!歴史物とか超大作なら許せる長さだけど、この手の映画でこの長さは、ダレるだけと、私は思ったんだぁ!
えちさんのコメント読んだら、原作読んでみたくなっちゃった!
とろ♪
2008/03/26 18:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『人のセックスを笑うな』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる