とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『その名にちなんで』

<<   作成日時 : 2008/04/29 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

母は、父に僕という奇跡を与えた。
父は、僕の名に奇跡を刻んだ。

画像
《STORY》
1974年、インド・コルカタの学生ガングリーは列車事故に遭い、九死に一生を得る。事故の直前に親しくなった老人から受けた海外に出て経験を積めとのアドバイスに従い、アメリカの大学へ。そして親の進める見合いで結婚し、家族に祝福されながら、ニューヨークでの生活を始める。妻はやがて妊娠、生まれてきた男の子に“ゴーゴリ”と名付けた。

監督:ミーラー・ナーイル
出演:カル・ペン、タブー、イルファン・カーン、ジャシンダ・バレット、ズレイカ・ロビンソン
(2006年/アメリカ)

画像


二人が出会って、一緒になり、妊娠、出産、子供が成長し大人になり…、親子愛、夫婦愛…、愛にあふれたある一家のステキな物語でした。

画像


親の心子知らずとは、よく言ったもので、ゴーゴリもそれに当てはまるんですが、思わず自分と置き換えてみたり・・・。
キーワードは“奇跡”!
とってもステキな名前の付け方で、感動しちゃいました!そんな風に思ってくれたら、子供冥利に尽きる。この両親の子供でよかったって絶対に思うよ!
世の中、いろんな奇跡でいっぱいなのかも…。そう考えると、なんてことない自分の人生もちょっとステキなのかも…、なんて思ってみたり…。

画像


お話しもよかったけど、所々でインドの冠婚葬祭の様子が見れて、そういう点でも面白かった。


生まれた国以外で生活するつらさなんかも描かれてて、いろいろと考えさせられる作品でもありました。


タージマハールが素敵でした。行ってみたいなぁ。




4月18日(金) 【08ー44本目】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こういう映画も好きなんだよね。
でもやっくんは見ないだろうなぁ。。。
DVD借りようかな。

インドは神様の名前をつけることが多いよね。
クリシュナとか。
あとは先祖から受け継いだ名前とか。
圧倒的にそれが多い中で
どんな意味でゴーゴリってつけたのかしら。
気になるわ。

受け持ちの生徒にも
「芽久美」とか「歌純(かすみ)」とか
ステキな意味を持った名前の子がいてうらやましかったよ。
のんちゃんは平凡すぎるほど平凡だから。
どういう意味があるのかよく分からないし。
親は子供が生まれるまで考えて考えて考え抜いて名前をつけるんだから
その思いと意味をしっかり伝えたほうがいいよね。
のんちゃん
2008/04/30 07:59
この映画 良かったよね〜〜しみたなあ
2月に観たよ。
父親役のイルファン・カーンって
「ダージリン急行」でも父親やってたよね。
なかなか良い味の俳優さんだよね。
みいな
2008/04/30 08:18
こんにちは♪

まさにガチャ夫が見なければならない映画ですね。

親子愛、夫婦愛をさらに学ばないとね。
タージマハール素敵ですよね☆

ガチャ夫も行ってみたいっス!!
一緒に行きますか!ヒッチハイクで!
ガチャ夫
2008/04/30 13:43
のんちゃんさま。
みいなさんも絶賛してましたが、この映画いいよぉ〜!ぜひ、見てもらいたいなぁ!
そんで、“ゴーゴリ”って名付けた意味を知ってほしいなぁ。
最近の子は、かわいい名前やら素敵な名前が多いよね。私も、ほんま一般的な名前なの・・・。かわいい名前の子がうらやましかったなぁ。
とろ♪
2008/04/30 20:54
みいなさま。
またまた、じつはぁ、この映画もみいなさんの感想を読んで見に行きました!なんでか、予告編を見る機会もなくてスルーするところでした。どうもありがとうございましたデス!
みいなさんが感想に書かれてた通り、とっても素敵な作品でした。

イルファン・カーンって『ダージリン急行』にも出てたんですか?いや、全然気づきませんでしたにゃ・・・。

とろ♪
2008/04/30 20:58
ガチャ夫さま。
機会があったら、ぜひぜひ見てほしいなぁ・・・。とっても素敵なお話しですよ!
新婚当初ちょっとしたことでけんかをしてしまうんですけどね、その後の仲直りのシーンがなんかよくて、あぁ、私も見習わなくちゃなぁって思ったの。日常のささいなことの積み重ねのような作品なんですけど、いい作品ですよ。

ヒッチハイクやろうやろう!めざせ、タージマハール!!
どうでもいいことですが、猿岩石は私の実家の隣町出身なんだよぉ!
とろ♪
2008/04/30 21:03
こちらこそ そう言ってもらえると
本当にうれしいよ。

イルファン・カーンは あの子の父親だったよ。
みいな また
2008/05/01 08:30
僕は見逃してしまいました。
見たかったんですけどね。
DVDで出たら見てみようかな。
hiro
2008/05/03 02:33
hiroさま。
ぜひぜひ、見てみて!
途中悲しい出来事も起こりますが、とても素敵なお話ですよ。
とろ♪
2008/05/06 20:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『その名にちなんで』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる