とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『フィクサー』

<<   作成日時 : 2008/05/09 20:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

男は、完璧に罪を消せるはずだった…。
画像
《STORY》
NYの大手弁護士事務所に勤めるマイケル・クレイトンの専門は不始末をもみ消すこと。そんな仕事に嫌気が差していた時、大規模集団訴訟を担当中の同僚弁護士アーサー・イーデンスが依頼人の農薬会社U・ノース社を裏切る行動に出る。マイケルは事態の収拾に乗り出すが、アーサーは訴訟を覆す恐るべき秘密を握っていた。一方、U・ノース社の法務部本部長カレン・クラウダーは追い詰められ非情な手段に出るのだった…。


監督:トニー・ギルロイ
出演:ジョージ・クルーニー、ティルダ・スウィントン、トム・ウィルキンソン、シドニー・ポラック
(2007年/アメリカ)

画像


半分くらいまで、名前と顔と関係がさっぱりわからなかったぁ〜!なんとか頑張ろうとしたのですが、ダメでした…。玉砕…。
途中からなんとなくわかってきたけど、微妙にわからない箇所が…。
ストーリーに追いつくのに必死で、それぞれの演技や心理描写等々、細かいところまで見る余裕がなかったのが正直なところ…デス。

画像


でも、わからないなりにも、ラストはちょっと鳥肌たったかも。
死体は?とか、ちょっとツッコミたい部分はあったけどねぇ〜。


4月30日(水) 【08ー48本目】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
僕はこの映画好きです。
面白かったと思いますよ。ラストもスッキリだしね。
確かに、僕も「財布入れても死体がねぇだろう」って思いましたけど。(^^;)
hiro
2008/05/12 02:01
ホラーはダメだけど
こういう映画は好きだなぁ。
頭脳戦だよね。
でも名前が覚えられないくらい登場人物に特徴がないならちょっと心配だわ。
誰だか分からんとストーリーそのものが分からんもんね。
髪型や服装に特徴をつけてくれればいいのに。
ドラゴンボール並みに。
のんちゃん
2008/05/12 23:39
hiroさま。
>「財布入れても死体がねぇだろう」
ですよねぇ〜!

わたしもね、嫌いじゃないです。前半ちょっと登場人物とかを整理できなかっただけなんです!けっこう真剣に見てないとおいてけぼり食らっちゃいますよね、この作品・・・。えっ、私だけ・・・。
とろ♪
2008/05/13 18:54
のんちゃんさま。
いや・・・、特徴はあったかも・・・。見る人に問題があったんだろうね・・・、私自身に!前半わかりにくいっていう感想を書いてた人がいたんで、めっちゃ気合を入れてたんだけど、ちょっと空回りしてしまったみ・た・い。

>誰だか分からんとストーリーそのものが分からんもんね。
だよねぇ〜。でも、途中からでもなんとか理解できたから、ストーリー自体はそんなややこしい話ではなかったんだと思う・・・。やっぱり、私自身に問題が・・・!
とろ♪
2008/05/13 18:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『フィクサー』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる