とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ミスト』

<<   作成日時 : 2008/05/14 19:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

霧がすべてを覆い尽くし、やがて最後の審判ががくだされる
画像
《STORY》
激しい嵐が街を襲った翌日、湖の向こう岸に不穏な霧が発生していた。デイヴィッドは不安に駆られながら、息子のビリーを連れ、隣人の弁護士ノートンと街へ買い出しに向かう。3人がスーパーマーケットに入ると、店内は大混乱。外では軍人が歩き回り、サイレンが鳴り続ける。すると、ひとりの中年男が叫びながら駆け込んできた。「霧の中に何かがいる!」と。店外を見ると深い霧が駐車場を覆っていた…。


監督:フランク・ダラボン
出演:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローリー・ホールデン、アンドレ・ブラウアー、トビー・ジョーンズ、ネイサン・ギャンブル
原作:スティーヴン・キング
(2007年/アメリカ)



125分とけっして短くはないのだけど、めっちゃ集中して見たので、そんなに長くは感じなかった。



前半たこの足みたいなのが、ぐにょんって出てきた時は、あれっ、ちょっとB級か?とか思ったりもしたけど、ぜんぜんそんなことなかった。てか、深かった…。見ごたえあった!



正体不明の謎の生物も確かに恐ろしいけど、人間が一番恐ろしい…。特に理性を失うと有り得ない行動に出るし…。



宗教色濃いというか、まんま宗教の話…?。旧約聖書とかユダヤ教とか、宗教のことはぜんぜんわからないけども、なんかけっこうエグい?生贄とか、やってること狂ってる!



ラストもね…、すっごいやりきれない…。映画オリジナルのラストなんだよね…。原作はどういうふうに終わってたのか、気になる。もうちょっと○○してれば…、自分だったらきっと耐えらんないかも。




虫嫌いの私としては、おぞぞっ、おぞぞっと、とても耐えられないシーンが!!今、思い返しても、身の毛がよだつぅ〜。
唯一の救いは、ビリー役の男の子がめっちゃかわいかったこと!




5月14日(水) 【08ー54本目】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なんと!かわいい男の子が!
助けてあげなくちゃ!!
やっくんがオナラすれば霧なんて吹っ飛ぶのにな。

結局人間が一番怖いよね。
昔のパニック映画はモンスターの怖さを伝えるものが多かったけど
最近は人間の心理面を描くものが多い気がするね。
のんちゃん
2008/05/15 08:57
のんちゃんさま。
男の子がめっちゃかわいいの・・・。というか、演技めっちゃうまい!

>結局人間が一番怖いよね
だね・・・。その辺の怖さをよく表した、なかなか見ごたえのある作品でした。
とろ♪
2008/05/18 20:26
僕もやっと観てきました。
いやぁ〜。スゴイ衝撃を受けました。
原作のラストはね、息子と二人でモーテルに逃げ込むんだって。でも、外にはまだ怪物たちがいて・・・。という進行形で終るらしいよ。
hiro
2008/05/29 07:56
hiroさま。
見ましたかぁ・・・。自分だったらどうしてただろう・・・神とか信じてないので、デイヴィッドと一緒に行ってたかも。日本が舞台なら展開違ってたでしょうね。

原作のラストはそうなんだぁ・・・。希望が持てますね。映画のラストは、後味悪かったですよねぇ・・・。
とろ♪
2008/05/29 20:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ミスト』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる