とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『チャーリー ウィルソンズ ウォー』

<<   作成日時 : 2008/06/01 20:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

信じられない物語。
でも真実。

画像
《STORY》
下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和を愛するゆるぎない心を持ち、ソ連の攻撃に苦しむアフガニスタンを常に気にしていた。国防歳出小委員会がアフガニスタン支援に500万ドルしか用意していない事を知ると、委員会のメンバーである彼は、予算を倍にするよう指示する。そこに、テキサスで6番目の富豪で、反共産主義者のジョアンが目をつけ、アフガニスタンを救うよう彼に訴える。


監督:マイク・ニコルズ
出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス
(200年/アメリカ)

画像


あの予告編には、騙されたぁ〜!
コメディタッチなのかと思ったら、けっこうまじめな政治作品で…。あの当時の世界情勢を勉強してから見れば、チャーリーたちがとんでもないことをしたんだと、より理解できたんじゃないかと、ちょっと思った…。


もし○○○なら…、というのは愚問と思うのだけど、予算増額や武器支援などでしか、あの当時のアフガニスタンを救う方法はなかったのか…。
アフガニスタンの現状を目の当たりにして、アフガニスタンの人たちを本当に救おうとしていたんだと思うので、後々大事件が起こってしまったけど、彼のしたことを非難しようとは思わない…。
「それは後でわかること」目の前の問題を解決するだけではなく、もっと先のことも見据えて行動しろって言いたかったんじゃないかなぁ…、と勝手に解釈したのですが…。

画像


それにしてもアフガニスタン舞台の作品が続いたなぁ…。『大いなる陰謀』『君のためなら千回でも』そしてこれ。いろいろな国やテロリストなどに干渉されているアフガニスタンの人たちの事を思うと、とても哀しくなります。




5月28日(水) 【08ー64本目】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ロシア軍は 戦闘機であんなことをしゃべり
ながら攻撃してたというのは どうも怪しいし
なにか悪意のようなものを感じてしまいました。
爆撃機に載ってた人は死んだというよに
喜び方が単純すぎるみたいだし・・
善と悪は単純には決められないはず。
そのへんのところを わざと演出したのか
それとも本気で この代議士を英雄扱い
したのか? 私には分かりませんでした。
みいな
2008/06/01 21:29
みいなさま。
>ロシア軍は・・・。
これは、わかりませんよね・・・。実際に見聞きしたわけじゃないし・・・。アメリカ側からの視点だし、多少の悪意はあるかもしれませんね。
>善と悪は単純には決められないはず
ですね。でも、あの時チャーリーたちが行動を起こしてなかったら、ほんとにソ連軍が弾を撃ちつくしてしまうまで、見て見ぬふりを貫き通していたら・・・、アフガニスタンの人たちはどうなっていたのでしょう?もしかしたら、他にいい解決法があったかもしれないけど・・・。なかなか難しいです。

ラストで「最後の詰めを誤ってしまった」・・・みたいなコメントが確かあったと思うんですよね。関わるんなら最後まで責任を持て、同じ失敗は繰り返すなよって言いたかったんじゃないかなぁ・・・と、良い方にちょっと解釈してみたのですが・・・。
とろ♪
2008/06/02 19:06
ラストでの台詞も確かにあったよね。
学校をちゃんと作って啓発をすべきだったとは
思うけど 最後まで面倒をみるって
現実には どこまでなのか?と思ったりもする
のよね。

「見て見ぬふり」が出来ないという理由で
イラクも攻撃していたことを考えちゃうと
どうもねえ 私には分からないのよ。
目の前で殺されてる人達を見て 
何もしないことは悪だとしても 
相手をだから殺しても良いという論理に
なるかどうか・・?
「ランボー最後の戦場」を見て なお更
自分の中で解決できないでいます。
みいな また
2008/06/03 08:18
とろさん こんばんは。
コレ、私もとろさんの記事を拝見するまでしっかりコメディものだと思ってました。
でも、結構シリアスっぽいですね。今度サービスディに行ってきます。
めいほあ
2008/06/05 00:42
みいなさま。
お返事遅くなってしまいました。
そうですよね・・・。殺されるから殺す、こんな「目には目を」的なことを繰り返してたのでは、なんの解決にもなりませんよね・・・。

しかも、アメリカが裏で手を引いていることは極秘だったはずなのに、こんな本や映画になってしまって・・・。冷静に考えてみると、意図がわかりませんよね。
とろ♪
2008/06/05 19:30
めいほあさま。
そうなんですよぉ〜!予告編やこの2人が出演だからと、軽い気持ちで見に行くと裏切られるところですよぉ〜!
良いか悪いかは、見る人によってまちまちとは思うのですが、何かしら考えさせられるんではないかなぁと、思います。
とろ♪
2008/06/05 19:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『チャーリー ウィルソンズ ウォー』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる