とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『クライマーズ・ハイ』   〜試写会〜

<<   作成日時 : 2008/06/30 19:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

未曾有の一週間が
今、幕を開ける!

画像
《あらすじ》
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起こった。前橋にある北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅が全権デスクに任命される。そして未曾有の大事故を報道する紙面作りー闘いの日々が幕を開けた。さっそく悠木は県警キャップの佐山らを事故現場へ向かわせる。そんな時、販売部の同僚で無二の親友・安西がクモ膜下出血で倒れたとの知らせが届く…。


監督:原田眞人
出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努
原作:横山秀夫
(2008年/日本)



画像


もう、23年…。
あの事故のことは、やはり忘れられない出来事のひとつなわけで…、
特に、島根の女の子がヘリで救助される様子は、今でも脳裏に焼きついてます。

画像


事故のこともだけど、新聞社の内情だったり、スクープをモノにするまでの流れだったり…、とっても、とっても興味深い内容なのに、どうしてもどっぷりのめり込めない…。


すでに試写会等で見られた方々が言われてるように、ほんまにセリフが聞き取れない…。
大混乱の中での会話ならまだしも、そうでないシーンでも聞き取れないところがあったからね…、なんだかなぁ…、ちょっとイラっとね…、したりなんか…。


あと、専門用語なのか意味のわからない単語も出てきたり…。
「大久保・連赤」ってコトバが何度か出てきて、最初のうちは「?」だったんだけど、見てるうちに「あさま山荘事件」のことだと気づき、
「あぁ、リーダーが大久保って名前なんやな…」と、間違った解釈のまま最後まで見たのですが…。

  〜大久保・連赤〜
   大久保清による女性8人連続殺人。連合赤軍が起こした同志リンチと山荘
   籠城。その群馬県内で発生した両事件を“大久保・連赤”と呼ぶ。

って…、
そんなの知らないよぉ〜。みんなが原作読んでたり、ドラマ見てるわけじゃないんだから、軽く説明くらいしてくれよぉ…ってね、ちょっとね、思ったり…。


いや、ほんま、邦画見てて初めて字幕つけてよぉ〜って、思いました。

画像


堺雅人の演技はピカ一でした。佐山の気持ちがひしひしと伝わってきた。
遠藤憲一とか、みんながいい演技をしてるだけに、のめり込めないのが、ほんとにもったいない…。

画像


ひとつひとつの事故・事件に対する、それぞれの記者たちの思惑にいろいろと考えさせられ、複雑な気持ちになりました。

今まで何気なく読んでいた新聞ですが、映画を見た次の日から、色々なことを思いながら読むようになりました。



    〜クライマーズ・ハイ〜
      登山時に興奮状態が極限まで達し、高さへの
      恐怖感が麻痺してしまう状態。




6月26日(木) 【08ー73本目】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クライマーズ・ハイ(2008年、日本)
 この映画は、ギャオの株主優待の試写会で観ました。 監督:原田眞人出演:堤真一、 ...続きを見る
泉獺のどうでも映画批評
2008/06/30 20:48
クライマーズ・ハイ
横山秀夫の小説が映画化される。 ...続きを見る
グローバルコーポレーション
2008/07/02 18:24
クライマーズ・ハイ
横山秀夫の小説が映画化される。 ...続きを見る
グローバルコーポレーション
2008/07/02 18:24
「クライマーズ・ハイ」夢中で次の一歩を出す高揚感
「クライマーズ・ハイ」★★★★ 堤真一主演 原田眞人、2008年、145分 ...続きを見る
soramove
2008/07/09 07:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
周りの人が「つまんない」って言ってたんだよね。
群馬県民なら見たほうがいいのかもしれないけど
つまんないなら見ないにょ。
群馬県民でも若い世代は大久保・連赤事件にピンとこないと思うよ。
私も周りの大人から聞いて知ってるだけだし。
クライマーズハイはドラマをNHKでやってたけど
そっちはまあまあだったみたい。
そっちも見てないけど。
のんちゃん
2008/07/01 10:57
のんちゃんさま。
「つまらない」って言ってましたか・・・。そうですか・・・。
私もNHKのドラマ見てないです。見たいなぁとは、ちょっと思ってたんだけどね・・・。何度か再放送もあったみたいなのに・・・。
でも、これは原作を読むほうがいいのかなぁと、思ってます。
とろ♪
2008/07/02 20:34
さすがにとろちゃん、早いですね!
僕もこの映画は見に行くつもりです。
事件のことは僕もハッキリ覚えています。僕は当時、大学生で、高校生のバレーボール部のコーチをしていて、夏合宿の最終日でした。
最近のマスコミの報道の在り方には本当に頭に来ているのですが、この映画を見れば少しは考え方が変わるかもと期待して見に行きたいと思います。
hiro
2008/07/04 00:56
hiroさま。
私も、これ絶対見たいと思って、試写会に応募したら当たったのでラッキーでした。

私は、お盆なんで田舎の祖母の家でこのニュースを見ました。生存者の一人川上慶子さんは、同じ中国地方だし年も近かったので、特に印象に残りました。

いやぁ、ほんとにいい意味でも悪い意味でもいろいろ考えさせられました。
感想楽しみに待ってますね。
とろ♪
2008/07/04 20:53
え〜! つまらなかったですかあ?
私は 感動しましたよ。
確かに言葉が聞き取り難いところも
あったけれど・・。
「大久保・連赤」だったのかあ!
あまり気にしないで見てましたっけ。
私は 堺雅人君も良かったけど 
もう一人が すごく上手かったと思いました。
鳥肌立ちそうになったよん。
山崎努も いやらしさが出てたと思うし。
完成度が高かったと思うんだけど・・。
共感できなくて残念ですが これって
年代の違いかもね?
みいな
2008/07/21 21:07
みいなさま。
いやいや、つまらなくはなかったんですが、なんだろうなぁ・・・、台詞聞き取れなかったり、意味わからない単語が出てきたりで、集中できなかったのかなぁ・・・。
あと、悠木のプライベートなこととか、中途半端にしか描けないんだったら、特にいらないんじゃない?とか、思ったりもしたんですよね・・・。
あぁ、でも、原作は読んでみたいかな。あと、NHKのドラマのほうを見てみたいかなぁ。

そうそう、“もう一人”、熱演でしたね!みいなさんが鳥肌立ちそうになった気持ちとってもわかります。役者さんたちはみんな熱演しててほんとよかったと思いましたよ。
とろ♪
2008/07/22 18:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『クライマーズ・ハイ』   〜試写会〜 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる