とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『おくりびと』

<<   作成日時 : 2008/09/22 20:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

キレイになって、
逝ってらっしゃい。

画像
《あらすじ》
「あぁ、この広告、誤植だな。“旅のお手伝い”ではなくて、安らかな“旅立ちのお手伝い”。」求人広告を手にNKエージェントを訪れた主人公・大悟は、社長の佐々木から思いもよらない業務内容を告げられる。それは【納棺】、遺体を棺に納める仕事だった。戸惑いながらも、妻の美香には冠婚葬祭関係=結婚式場の仕事と偽り、納棺師の見習いとして働き出す大悟。美人だと思ったらニューハーフだった青年、幼い娘を残して亡くなった母親、沢山のキスマークで送り出される大往生のおじいちゃん… そこには、さまざまな境遇のお別れが待っていた!


監督:滝田洋二郎
出演:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、笹野高史
(2008年/日本)


画像



涙あり笑いありで、めちゃめちゃよかったです!
そして、もっくんの美しさにヤラレました!見た目の美しさと所作の華麗さに、この役はもっくん以外には考えらません。
山崎努さんや笹野高史さんなど周りのキャストもとてもよかったです。



何気ないセリフの1つ1つが温かくて、優しい雰囲気にあふれた作品でした。


画像



こういう職業の人に対する偏見や老人の孤独死といった社会問題なんかも描かれていて、けっこう考えさせられました。


画像



この作品を見て、“死”に対する考え方、受け取り方がちょっと変わりました。「死=ゴール」ではなくて「死=旅立ち」と思えば、悲しい中にも前向きな気持ちが芽生えそう。
そして、自分や家族の旅立ちの時には、こんな風に故人を尊重し、心を込めてお手伝いしていただける方のお世話になりたいなぁ…。




9月17日(水) 【08ー105本目】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
2ヶ月弱だけど葬儀屋で働いてたよ。
派遣でね。
生花の注文受付とか清算書と請求書の作成とか
完全に内勤だったから現場は知らないけど
全員誇りを持って働いてたよ。
うちは小さい会社だったから
葬祭ディレクターが納棺も祭壇の組み立ても全部してたの。
死因によってはキレイなご遺体ばかりじゃないから大変だったみたい。
ご遺体に出血がある場合は触れて病気に感染する可能性があるから
現場に出る職員は予防接種を定期的にバンバン打つのよ。

ちなみに葬祭ディレクター資格試験には
クジラ幕を早くキレイに張る試験とか
祭壇を早くキレイに組み立てる試験とか
宗派ごとの作法の試験とかがあるよ。
のんちゃん
2008/09/23 17:55
これも 全く同感です!
今年の邦画では 今のところ この映画と
「パコと魔法の絵本」の2本が良かったよねえ〜
みいな
2008/09/24 08:37
のんちゃんさま。
あら〜、そうなの、そういう職場にも派遣されるのね。いや、でも、いい経験されましたね・・・。私はどうかなぁ・・・、今までよりは考え方違うけど、働くとなるとなんだろうやはり勇気がいるなぁ・・・。

資格試験ってあるのぉ〜!勉強になりましたわ!へぇ〜、まぁねぇ〜、宗教の違いでいろいろな作法があるものねぇ・・・。今後、お葬式に出席するときがあれば、働いている方たちに尊敬と感謝の気持ちが沸き起こることと思います。
とろ♪
2008/09/24 19:39
みいなさま。
私もこの作品、今年の邦画の「ナンバー1」だわと、思っておりました。『パコ』とこの作品といい映画が続きましたね。
とろ♪
2008/09/24 19:41
僕も観てきました。
本当に感動しましたよ。
とろさんの言うとおり、こういう人に送ってもらいたいですよね。
多くの人に観てもらいたい映画です。
hiro
2008/09/30 00:18
hiroさま。
よかったですよねぇ〜、この作品。亡くなってかわいそうの涙じゃなくて、心をこめて旅立ちのお手伝いをしてくれる大悟たちの気持ちに感動の涙が流れました・・・。
ほんと、たくさんの人に見てもらいたい作品ですね!
とろ♪
2008/09/30 17:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『おくりびと』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる