とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『最後の初恋』

<<   作成日時 : 2008/10/10 19:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
《STORY》
別居中の夫と週末を過ごす娘と息子を送り出し、親友ジーンに代わって海辺の小さなホテルを5日間だけ切り盛りするため田舎町ロダンテにやって来たエイドリアン。季節外れのリゾートに客はたった1人、無愛想なポールという男性だけだ。折りから大型ハリケーンが近づく荒れ模様の中、日々の暮らしに疲弊した主婦エイドリアンと、高名な外科医としてのキャリアを捨てたばかりのポールはお互いに惹かれあうものを感じ始める。


監督:ジョージ・C・ウルフ
出演:リチャード・ギア、ダイアン・レイン、スコット・グレン
(2008年/アメリカ)


画像



容易に想像のつくラストでしたが、大人の恋愛、プラス家族愛なんかもちょっと感じ取れる素敵なお話でした。


が、たぶんこう感じられるのは、主婦だけだろうなぁ…。エイドリアンの気持ちがわかるかどうかで、素敵な作品と感じるかそうでないか分かれるところでしょうね。
うん、ほんと“大人限定”だわ!


画像



リチャード・ギアはちょっと年とったけど、やっぱり恋愛映画よねぇ…。いくつになっても素敵です。


それよりなにより、ダイアン・レインがよかったです。ほんとに“恋してる”って感じられるくらい。ポールと気持ちが通じ合ってからは、きれいというよりかわいかった!
こんなステキな女性になりたいものです。そして年取ってもこんなステキな恋愛をしてみたいものだわぁ〜








じつは、エイドリアンと同じ境遇の友達がいます。彼女は子供のために自分の気持ちを抑えてるのです。彼女にもポールのような存在の人がいればよかったのに…。ってなんかね、映画見ながら彼女のことが頭に浮かんだのでした…。




10月8日(水) 【08ー112本目】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
この映画、実はまだ見ていないのですが迷っています。
ダイアン・レインは「リトル・ロマンス」の時から
30年間(笑)ずっとファンなのですが、予告編の雰囲気では、ハーレクィーン・ロマンス的な話のような気がするので、おじさんが見に行くのはやっぱり変かと・・・。
hiro
2008/10/12 06:20
ダイアン・レイン 素敵でした。
あんな恋をしてみたいですね〜〜 本当に。
有り得ないシチュエーションですけど
案外あるかも?と思わせるところが
上手でしたよね。
エイドリアンと似てる女性・・
多かれ少なかれ 彼女に似てる境遇の女性は
とても多いでしょうね。
とろ♪ちゃんのお友達も いつの日にか
素敵な男性が現れると良いですね。
みいな
2008/10/12 14:39
リチャード・ギア素敵ねぇ(*´Д`*)
やっくんもロマンスグレーになるといいな。
井上順と原田泰造を足して2で割ったような顔なんだけど。
そんでのんちゃんは檀ふみに似てる。

主婦の気持ちかぁ。
のんちゃんは半分主婦だけど分かるかしら?
のんちゃん
2008/10/13 15:00
hiroさま。
う〜ん、どうでしょう・・・。奥様は興味なしですか、この作品。お2人で行かれるといいと思いますよ。

>ハーレクィーン・ロマンス的な話・・・
ハーレクィーン・ロマンスを読んだことがないので、どんな風なのかわからないのですが、恋愛だけがテーマではないように思いました。

ダイアン・レインはほんとにステキだったので、その辺は見る価値あるんじゃないかなぁ・・・。ストーリーは4,50代の女性にはたまらない内容だと思います。けっこう泣いてる女性いたし、帰りのエレベータの中で自分たちと照らし合わせて、かなり盛り上がってた女性3人組などもいらっしゃいましたから。
とろ♪
2008/10/13 20:34
みいなさま。
ほんとに、ダイアン・レインは素敵でしたね。
それぞれが相手にいい影響を与え、大人なんだけどちょっと初々しかったりして、なかなか素敵な恋のお話でしたね。
できれば、あと10年後くらいに見たかったかな・・・そしたら、たぶん号泣してたと思います。

私の友達は、だんなが家を出て行ったくせに別れたからって戻ってきたんですよ。でも、子供たちがうれしそうなので、我慢してるところなのです・・・。ね、ほんとにエイドリアンと同じシチュエーションでしょ!ただひとつ違うところは、ポールに出会えなかったことなんですよねぇ・・・。
とろ♪
2008/10/13 20:46
のんちゃんさま。
井上順と原田泰造か・・・。うん、大丈夫でしょう!
ほんと、リチャード・ギアは素敵でしたよぉ〜!けっこういい年でしょうにね・・・。

主婦って言うより、4,50代の奥様と言った方がいいかもしれません。だんなとの関係も微妙で、子供も大きくなってうざがられたり、“私の存在価値ってなに”みたいな、そういうお年頃の女性にはたまらない作品だと思います。そういう点では、のんちゃんはナウなヤングでラブラブパワー200%だから、そこまでは入れ込まないと思うよぉ〜!見てる人も年齢層高かったしねぇ〜!
とろ♪
2008/10/13 20:54
結局、おじさん一人で見て来ちゃいました。(笑)
大人限定、しかも大人の女性限定という感じの映画でしたね。
僕なんかは、どうしてもわざと「泣かせ」に走るところが共感できなくて・・・。
ハッピーエンドで良いじゃないと言う感じでした。
でも、でも、でも、ダイアン・レインは良いです。次に彼女が一人で留守番する日が分かったら、ぜひ泊まりに行きたいと思います。(笑)
hiro(再)
2008/10/22 06:42
hiroさま。
行っちゃいましたか・・・、お1人で!
ダイアン・レインよかったでしょう!彼女を見るだけでも、行く価値あったんじゃないでしょうか。
季節はずれに、泊まりに行っちゃってくださいな♪

>どうしてもわざと「泣かせ」に走るところが
特に気にしてはいなかったのですが、そういわれるとそうですね。う〜ん、でも、ハッピーエンドだとたぶん世の奥様方のハートをがっちりわしづかみすることは出来なかったかも・・・、ですよ。
とろ♪
2008/10/23 18:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『最後の初恋』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる