とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『彼が二度愛したS』

<<   作成日時 : 2008/11/16 20:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

愛と金と欲望が渦巻くニューヨーク。
この騙しあいに勝つのは誰だ?

画像
《STORY》
NYの孤独な会計士ジョナサン(ユアン・マクレガー)は、ある日弁護士のワイアット(ヒュー・ジャックマン)と出会い、NYエグゼクティブのためだけに存在する会員制秘密クラブ“リスト”を知る。電話で「Are You Free Tonight?」と合言葉を告げるだけで、男女共に夜の相手と出会えるのだ。ジョナサンは美しく優雅な女たちとのホテルでの一夜限りの情事にハマっていく。そんなある日、以前地下鉄で見かけ、一目惚れした、名前が“S”から始まることしか知らない、ミステリアスな女性(ミシェル・ウィリアムズ)と“リスト”で再会し、本気の恋に落ちていく。やがて心のつながりを求めあい始めた二人だったが、彼女は突然ホテルから姿を消し、ベッドには血痕が…。


監督:マーセル・ランゲネッガー
出演:ヒュー・ジャックマン、ユアン・マクレガー、ミシェル・ウィリアムズ、シャーロット・ランプリング、マギー・Q
(2007年/アメリカ)


画像



ちょっと評価が微妙だったんで、映画館で見るの、めっちゃ迷ったんですよねぇ…。でも、ヒュー・ジャックマンが見たかったんで行ってきたのですが・・・。

う〜ん、映画館でなくてもよかったかも…。パンフに書いてあった“官能とスリルが交錯するラブ・サスペンス”にはちょっと感じられなかった…。だって、全然ハラハラドキドキできないんだもの…。
まず、伏線の見せ方が不自然…、展開が読めちゃう…。ということはスリルが感じられないでしょ!えーっていう驚きも全然ないし…。ワイアットの目的だけが最初のうちわからなかったけど、あとはみえみえ…。
あとねぇ…、情事…。これまた微妙…。なんだろう、イケナイコトをしてるスリル、ドキドキ感がない〜!
見せ方ひとつでもう少しおもしろく出来たんじゃないかなぁ…。“ラブ・サスペンス”のサスペンスの要素はまったく物足りない…。“ラブ”重視で見れば少しは見れたのかもしれないけど…。ユアン・マクレガーとかいい感じだっただけにもったいない感じでした。



11月12日(水) 【08ー127本目】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「彼が二度愛したS」
「彼が二度愛したS」、観てました。 ...続きを見る
クマの巣
2008/11/23 10:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
わぉ、辛めの評価ですねえ〜。
私は好きですけど。
ヒュー・ジャックマンの悪役ってずーっと
前から観たかったので 念願が叶って
うれしかったですよ。
情事のことも 私は 結構 色っぽいと
思ったんだけどなあ〜。
あのシーンでの彼の手が ゾクゾクしたよ。
ユアン・マクレガーも 性格が変わっていく
様子が描かれていたと思うし。

ま、こんなこともありますよね。
だから面白いんだしね。
みいな
2008/11/17 09:22
みいなさま。
お返事遅くなってごめんなさいデス。
へへっ、そうなんですよねぇ・・・。思っていたほど“ハラハラドキドキ”出来なくて、ちょっとイマイチでした。
ユアンは性格が変わっていく様子がよく描かれていてよかったですねぇ〜!
ヒュー・ジャックマンの悪役を私も見てみたくてこの作品見に行ったのですが、う〜ん、少しだけものたりないなぁ・・・と、思っちゃいました。どこが?って言われるとうまく説明できないんですけどねぇ。
とろ♪
2008/11/24 20:13
遅ればせながら見てきました。
確かに“仕掛けられた罠”にスポットを当ててみるとバレバレだったのですが、僕もヒュー・ジャックマンが悪役と言うことは最初から分かって見に行ったので、むしろ、ユアン・マクレガーがどんな感じで嵌められていくのかを注目していたら、結構、楽しめましたよ。
情事のシーンは・・・どっちの役もやってみたかったです。
hiro
2008/11/28 07:39
hiroさま。
楽しめましたか、それはよかったです。そっかぁ・・・、そういう見方をすれば確かに楽しめたかも・・・、ですね。
ユアン・マクレガーは、変わっていく様子がうまく表現されててよかったですね。

>どっちの役もやってみたかったです
もう、hiroさんったら!
とろ♪
2008/12/01 20:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『彼が二度愛したS』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる