とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ワールド・オブ・ライズ』

<<   作成日時 : 2008/12/25 18:51   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

どっちの嘘が、世界を救うのか。
画像
《STORY》
世界中の情報網の中枢に潜入し、命を張るCIA現場工作員ロジャー・フェリス。
遠く離れた平和な場所から命令を下すベテラン局員エド・ホフマン。
生き方も考え方も違う2人の目的はひとつ。地球規模の破壊を企む爆破テロ組織のリーダーを捕まえること。正体不明のその男を罠にかけるには、味方はもちろん、ごく普通の人々さえ欺く完璧な嘘をつかなければならない。世界を救うのは、いったい誰のどんな嘘か・・・?


監督:リドリー・スコット
出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック
(2008年/アメリカ)


画像



今回のお正月映画はいまいちパッとしないなぁ・・・と思いつつ、その中で特に気になっていたこの作品。年賀状も書いてないし、大掃除もまだだけど、とりあえずこれだけは今年中に見ておきたいなと思い、映画館に行ってきました。



騙し、騙されの頭脳戦に、レオ様の体をはった演技、体重を増やしていやーなメタボ上司を見事に演じたラッセル・クロウ・・・。
うん、そこそこおもしろかった!(なんて上から目線・・・)
なんだろなぁ・・・、『アメリカン・ギャングスター』を見た時のような“めっちゃおもしろい!”っていう感覚はなかったんだよねぇ・・・。
いや、でも、一瞬でも目を離すと話しについていけなくなりそうだし、この後の展開はどうなるのぉ?ってめっちゃハラハラしたし、見ごたえは十分ありました。

画像


レオ様は、なんといっても『タイタニック』のころが一番好きなのですが、今作のようなワイルドな役もだいぶ板についてきて、これはこれでカッコいい!
レオ様の陰に隠れてあまり目立ってなかったラッセル・クロウ。「おっさん、なにジャマしてんねん」ってほんまムカついてムカついて・・・。それだけ、彼の演技が上手いってことなんでしょうね。
彼ら2人を見ていると、某刑事ドラマの名セリフ、“事件は、会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!”が、頭に浮かんだのは私だけじゃないハズ!


それにしても、この映画で描かれていることのどこまでが実際のことなのか・・・?恐ろしい・・・。



12月23日(祝) 【08ー141本目】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ワールド・オブ・ライズ」ディカプリオの渾身の演技も、伝える...
「ワールド・オブ・ライズ」★★★☆ レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ主演 リドリー・スコット 監督、アメリカ、128分 ...続きを見る
soramove
2009/01/03 20:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
衛星からの映像は すごいことは知ってたけど
携帯の会話のことには 驚いたよ。
シンプルに紙で伝達するって 今の時代には
かえって安全なのね〜と そのことに関心
しました。ラッセル・クロウ いつもより
声のトーンが高かったよね。
彼は声を変えてるんだろうなあ〜とか思ってました。
体重戻すの大変そうだね。
みいな
2008/12/26 12:09
レオ様は、だんだん渋くなってきましたね。
確かにタイタニックの印象が強いのですが
アメリカン・ギャングスターで
すごい役者になったなぁ  って思いました。

やっぱり男は渋く生きていきたいですね。
ガチャ夫も頑張ります。
ガチャ夫
2008/12/26 19:24
みいなさま。
衛星の画像はほんとにあんなに見えるんでしょうか・・・
恐ろしい・・・。思わず空を見上げて、キラッと光るものがないか見てしまいそう(笑)

ラッセル・クロウもですが、俳優さんって、なんであんなに太ったり、痩せたりできるんでしょうね・・・。
とろ♪
2008/12/28 17:49
博多のレオ様こと、ガチャ夫さま。
レオ様は、渋さが出てきてほんといい男になりました。ですが、彼は『アメリカン・ギャングスター』には出演してないのですよ・・・。これに出てるのはラッセル・クロウですね。レオ様は『ギャング・オブ・ニューヨーク』とか『ディパーテッド』とかじゃないかと・・・。『ブラッド・ダイヤモンド』のレオ様もいい感じなのでよければチェックしてみてね!
とろ♪
2008/12/28 17:57
>“事件は、会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!”が、頭に浮かんだのは私だけじゃないハズ!

うまい!まさにその通りですね。
レオ様は、本当に格好良くなったと思いますよ。
次回先のケイト・ウィンスレットとの再競演作が楽しみです。
hiro
2009/01/05 00:09
hiroさま。
↑似たようなセリフをレオ様が言ってましたよね、映画の中で!その時、これって『踊る・・・』や〜んって思っちゃいました(笑)

『レボリューショナリー・ロード』ですよね。燃え尽きるまで・・・、なんてどうなるんでしょう。期待が膨らみますね。
今年もレッドクリフやハリポタやターミネーターやトランスフォーマーやナイトミュージアム・・・、もう、公開が待ちきれない作品がいっぱいでめっちゃ楽しみですぅ!
とろ♪
2009/01/07 20:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ワールド・オブ・ライズ』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる