とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『落下の王国』

<<   作成日時 : 2008/12/06 17:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

君にささげる、世界にたったひとつの作り話。
画像
《STORY》
1915年のアメリカ、オレンジの木から落ちて怪我をし、入院中の5歳の少女、アレクサンドリア。人懐こい少女は、あどけない笑顔で病院中の人々に可愛がられていた。ある日、足の怪我でベッドから起きられない青年と知り合う。病室に入ってきた利発そうな少女に、青年は自分が作った物語を聞かせる。たちまち夢中になって、続きを聞かせてとせがむ少女。しかし、それは少女に自殺するための薬を盗み出させるための作戦だった・・・。


監督:ターセム
出演:リー・ペイス、カティンカ・アンタール
(2006年/アメリカ)


画像



この作品を見に行った日は、寝不足で仕事中もめっちゃ眠くて、そのあまりの眠さに見に行くのをやめようかと一瞬思ったのですが、この日が最終日だったし、評判も悪くなかったので、眠気覚ましのガムを手に頑張って見に行ってきました。
が・・・、やはり強烈な睡魔には勝てず、ところどころ記憶がぶっ飛んでしまったぁぁぁぁ・・・。
というわけで、ちょっとストーリーがあいまいではあるのですが、物語を聞いているアレクサンドリアの頭の中で、現実の世界の彼女の周りにいる人たちが、物語の中に登場してるトコとかすごいなぁって思いました。とくに、悪い?兵隊が、彼女が常日頃から怖がっているレントゲン技師の姿に似ていたのには、子供の想像力ってこうなんだろうなぁと、感心しました。
あと、映像と衣装の美しさは素晴らしく、スクリーンで見た価値ありました。
アレクサンドリア役の女の子の演技がとても自然でよかった!それにしても、あの腕の固定の仕方はしんどいだろうなぁ

画像


11月21日(金) 【08ー130本目】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お金掛かってたよね。
ロケ地もいろいろだし 衣裳も凝ってたしね。
ラストに ぐっときたなあ。
映画館で観る映画だね。
とろ♪ちゃんの写真も綺麗だね!
みいな
2008/12/06 21:26
みいなさま。
この作品は、みいなさんの感想を読んでなかったら、たぶん見に行ってなかったと思うので、ほんと感謝デス!
>映画館で観る映画だね
ですねぇ〜!この映像美はテレビ画面ではもったいない。ちょっとした、世界一周旅行気分が味わえましたよね。
とろ♪
2008/12/07 17:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『落下の王国』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる