とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『コレラの時代の愛』

<<   作成日時 : 2008/12/08 19:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

51年9ヶ月と4日、
君に飢えて眠り、
君を求めて目覚める。

画像
《STORY》
事故で夫を亡くし、傷心で葬儀にのぞむフェルミーナ(72歳)のもとに現れた男は、彼女の眼を見て静かに告げた。「この日をずっと待っていた。ずっと、愛していた・・・。」

1897年、コロンビア・カルタヘナ。郵便局員フロレンティーノ(ハビエル・バルデム)は、配達先の令嬢フェルミーナ(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ)との淡い恋に落ちる。が、身分の違いから二人は離れ離れに引き裂かれてしまう。数年後、フェルミーナは高名な医師フベナル(ベンジャミン・ブラット)と結婚、意気消沈するフロレンティーノは、いつか自分に求婚する権利が与えられるその日まで、ひそかに彼女を見守りながら、何年でも彼女を待ち続けると心に誓った。
時は流れて、51年9ヶ月と4日目。フロレンティーノの元に、彼女の夫フベナルの死の知らせが届く・・・。



監督:マイク・ニューウェル
出演:ハビエル・バルデム、ジョヴァンナ・メッツォジョルノ、ベンジャミン・ブラット
(2007年/アメリカ)


画像



50年後に現れて、「ずっと愛していた」なんて言われても、ストーカーやんって、たぶんひくやろなぁ・・・。
それに、50年の間に何百人って女性と・・・。飢えてるから?これって、純愛・・・?
内容的にはいまいち共感できなかったけども、このエロストーカー男・フロレンティーノを明るく爽やかに演じたハビエル・バルデムの演技に拍手!ひいちゃうようなヤツなのに、なんだか憎めなくて、というか可愛いとさえ思っちゃった!仕草が笑えるんだよね。『ノーカントリー』の冷徹な殺人鬼から、お茶目ストーカー男まで、ほんとすごい俳優さんです。

137分はちょっと長すぎ。ラストのちょい手前で力尽きて一瞬眠っちゃって・・・、「帰って」って言われたのに、な、なぜ一緒に船に乗ってるのぉ・・・?肝心なトコロがわからなくて、少し消化不良ぎみ・・・。というか、このせいかも、共感できなかったの・・・。だって、フェルミーナの気持ちが全くわからないのぉ・・・。DVDでリベンジだ!



11月25日(火) 【08ー131本目】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
え〜〜! あそこ観ないと共感は
無理そうだよ。
もともとが 彼女はフロレンティーノを
愛していたんだしね。
夫が死ぬまで待っててくれるなんて、
幸せな女性だと うらやましくなったよ。
ハビエル・バルデム 観れば観るほど
上手さにうなっちゃうね〜。
最後に思ったのは「女はしたたかだ」って
ことでした。
あれだけの人数と関係を結んだ気持ちが
何故か分かる私です。
どっちにも共感できましたよ。

エロストーカーって、笑える!使ってみたいな。
みいな
2008/12/09 08:31
みいなさま。
やはり・・・、そうですよね。私ってば肝心なところで眠っちゃってましたよね。。ショックぅ〜!
>「女はしたたかだ」
そうなんですか!?う〜ん、これはますますDVDでリベンジしなければ!

ハビエル・バルデムはさすがでしたねぇ〜。この役を演じられるのは、彼しかいないかもしれませんね。
とろ♪
2008/12/09 20:49
一番下に131本って書いて・・・

131本!!スゴイ!!

ガチャ夫、カレーライスが好きですが
年間130杯以上いけるかわかりません。

うん。例えが変でした。

でも131本はすごいなぁ。
本当に映画が大好きなんですね☆
ガチャ夫
2008/12/11 17:29
ガチャ夫さま。
コメントありがとうございまする。
なかなかガチャ夫さんのブログに遊びに行けないのが、寂しいのですが・・・。

カレーライス年間130杯・・・。3日に1回カレー食べてもムリな計算ですね。
うん、今年も頑張って映画見ました!試写会やポイントを貯めてただで見てるのも何本かあるのですが、全部1000円で見てても13万円・・・!?ちりも積もれば山となるではないですが、冷静に考えるとすごい金額だわ!13万円あったら、“ココイチ”でカレーライスが何杯食べれるかしら・・・?ますます、恐ろしい・・・。
とろ♪
2008/12/13 21:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『コレラの時代の愛』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる