とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『帰らない日々』

<<   作成日時 : 2008/12/21 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
《STORY》
大学教授のイーサンは、10歳の息子ジョシュがチェロを演奏するリサイタルに妻のグレースと娘のエマと出かけ、幸せな一時を過ごし帰途につく。一方、弁護士のドワイトは、別れた妻の元へ愛息ルーカスを送り届けるために車を飛ばしていた。そして悲劇は起きる。イーサンの目の前でジョシュがひき逃げされ、幼い命を落としてしまう。犯人への復讐心に燃えるイーサンは弁護士事務所に相談に行き、ドワイトを紹介される。


監督:テリー・ジョージ
出演:ホアキン・フェニックス、マーク・ラファロ、ジェニファー・コネリー
(2007年/アメリカ)


画像



被害者の父と、父親である加害者の心境が丁寧に描かれ、かつ、彼らが身近な存在であるがゆえに、単なるひき逃げ事故でなく、緊張感あふれるサスペンスドラマに仕上げられていて、ハラハラドキドキ飽きることなく、最後まで見入ってしまいました。
自分も車を運転する1人として、誤って加害者になってしまった場合、ちゃんとその後の対応が出来るのか、恐ろしくなって逃げ出さないだろうかなど、いろいろなことを考えさせられました。



12月12日(金) 【08ー138本目】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
帰らない日々-★★★★-
星4つつけてますがお涙頂戴の感動作と思って期待していくと火傷します。そんな辛口なドラマです。ポスターやリーフレットを見るとひき逃げ犯が自分の弁護士だったという風にかかれています。これは間違いではないのですが、まるで被害者家族と加害者の追いつ追われつなサスペンス?っておもって観にいった部分がありますが、そうではないです。 ...続きを見る
not simple.
2009/03/03 00:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
見に行かれたんですね。
いろいろと考えさせられる映画だったでしょ?
僕も(男のくせに)車の運転は得意な方ではないので、本当に気をつけなくてはと、この映画を見て思いました。
hiro
2008/12/24 01:35
は〜い、見に行きましたよ!やっと広島でも上映してくれました。hiroさんのブログにコメントしていたことも忘れてました・・・。

ほんと、この作品はいろんなことを考えさせられました。車の運転をするので、加害者になる可能性もあるけど、同じくらい被害者になる可能性もありますよね。運転するときも、歩いているときも気をつけなくちゃ。

ブログには書かなかったのですが、お母さん役のジェニファー・コネリーが「私があんなことを言ったから事故にあってしまったの」って自分を責めるシーンが、いたたまれなくてとてもつらかったです。
とろ♪
2008/12/25 19:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『帰らない日々』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる