とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ベンジャミン・バトン ―数奇な人生―』

<<   作成日時 : 2009/02/24 20:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

人生は素晴らしい。
画像

《STORY》
一瞬、一瞬を、大切に生きていますか―?
全ての出逢いを、胸に刻んでいますか―?

これは、そうせずには生きていけない、
特別な人生を送った男の物語。
彼の名は、ベンジャミン・バトン。
80歳で生まれ、若返っていった男。
20世紀から21世紀にかけて、
変わりゆく世界を旅した男。

どれだけ心を通わせても、
どれほど深く愛しても、
出逢った人々と、同じ歳月を
共に生きることができない、その運命。

―それでも、人生は素晴らしい―



監督:デビッド・フィンチャー
出演:ブラッド・ピッド、ケイト・ブランシェット、タラジ・P・ヘンソン、ジュリア・オーモンド、ジェイソン・フレミング、ティルダ・スウィントン
(2008年/アメリカ)


画像



美しい・・・


美しすぎる・・・


ブラピ・・・。
もう、カッコいいを通り越して、美しい!バイクに乗ってるシーンなんて、素敵すぎ!
老人から青年までをブラピ1人で演じきれた、特殊メイクが素晴らしい・・・。これはアカデミー賞も取るよ!

でも、デイジーにもろ感情移入しちゃって、とても切なかった・・・。人生の中間点でやっと2人のなにもかもがぴたりと重なったのに、自分はどんどん老けていく・・・、それにひきかえベンジャミンはどんどん美しく・・・。そして、どんどん若返っていくが故の別れ・・・。あと、ベンジャミンの晩年・・・。そうか、そういうことになるのか・・・。切なすぎました。今まで特に思わなかったけど、共に老いるって、素敵なことなんだと痛感しました。



出会いと別れ、生きるって、老いるって・・・、老人で生まれ年をとる毎に若返っていくベンジャミンの特別な人生を通して、いろいろなことを考えさせられました。



167分・・・、確かに長いけど、精神的には長さはあまり感じませんでした。
が、体力的にはちょっと・・・、おしりや腰が・・・(笑)



2月14日(土) 【09ー18本目】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ベンジャミン・バトン−数奇な人生−』
80歳で生まれ、若返っていく 数奇な人生を生きた、ある男の物語 ...続きを見る
シネマのある生活〜とウダウダな日々
2009/02/28 00:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
アカデミー賞 ブラピ残念だったよね〜
う〜ん、あと一歩だったんだろうなあ。
アンジーも残念だったし 夫婦でいつか
受賞できると良いなあ。
ショーン・ペンの「ミルク」を観て
比べてみたいね。
おっと、この映画のことを・・ブラピが
バイクに乗ってるの 本当素敵だったよね〜
いろんなことを考えさせられたよ。
みいな
2009/02/25 10:52
ブラピもアンジーもまだまだ、チャンスがあるってことなんでしょうねぇ!(笑)
プラピ、美しいよねぇ〜、20代はきれいだけど、40代の今が一番良かったなぁ〜(じゅるっ!)

まだむ
2009/02/25 20:06
こんばんは、とろさん。

う〜ん、オスカー逃してしまいましたね!残念です。

情景もセリフも本当に心に残る映画でした。単にすれ違うのではなく年齢が交錯していく感じは本当に切ない気がします。

前髪を下ろすだけで若返るブラピが羨ましいです。
ケビン
2009/02/28 00:40
みいなさま。
ほんとアカデミー賞残念でしたねぇ〜。夫婦でW受賞ちょっと楽しみにしていたのですが・・・。この夫婦をさしおいての主演男優賞・女優賞である『ミルク』と『愛を読む人』の公開が楽しみですね。
とろ♪
2009/02/28 02:25
まだむさま。
ブラピとアンジー、いつか夫婦でアカデミー賞W受賞の日が来るといいなぁ!
40代のブラピも確かにかっこいいですが、どっちかっていうとやはり若い頃のほうがかっこよかったなぁ〜!(笑)
とろ♪
2009/02/28 15:23
ケビンさま。
とても切なかったですねぇ…。ベンジャミンが「1人で子供2人育てられないだろ」ってデイジーのもとを去っていった時、「なんでぇ〜!」って、思ったんですが、その後のシーンで納得!いろいろ考えさせられる作品でしたね。

前髪下ろしたブラピかっこよかったですよねぇ〜♪でも、CGで“シワ”とか消してるらしいですよ。私の“シワ”や“シミ”も消してほしい…。
とろ♪
2009/02/28 16:40
同性から見てもブラピはやっぱり格好いいと思います。子どもの頃のブラピとかも、CGで、子どもや、お年寄りの体にブラピの顔をくっつけているらしいですね。全然違和感を感じませんでした。
オスカーは残念でしたね。夫婦で受賞なんていうのも素敵だったのに。
hiro
2009/03/02 07:08
hiroさま。
ブラピって、実は今までカッコいいとか特に思わなかったのですが、なんか今作ではカッコいいって思っちゃいました。
頭と体別々のモノをくっつけて、それが違和感なくしてしまえる技術がすごいですねぇ。
とろ♪
2009/03/02 18:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ベンジャミン・バトン ―数奇な人生―』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる