とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『オーストラリア』

<<   作成日時 : 2009/03/02 20:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

前に進むための涙もある。
画像
《STORY》
第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリア。夫を訪ねて、ロンドンからはるばるやってきた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、ようやく到着した夫の領地で、彼が何者かに殺されていたことを知る。サラに残されたのは、抵当に入れられた広大な牧場と1500頭の牛。夫から相続した土地と財産を守るためには、現地で出会った野性的なカウボーイ、ドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)としぶしぶ手を組んで牛を引き連れ、美しくも過酷な土地を9000km横断するより他に道はない―。


監督:バズ・ラーマン
出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン
(2008年/アメリカ)


画像



先日、ヒュー・ジャックマンが〈めざましテレビ〉に出演した時、「ラブロマンスあり、サスペンスあり、コメディあり、いろんな要素が盛り込まれ楽しめる作品」と宣伝してたっけ・・・。
確かにその通りで、途中まではすごく楽しめた。
画像

ニコール・キッドマンはしんのつよい高貴なレディ・サラ役がピタリとハマっていたし、ヒュー・ジャックマンは「世界でもっともセクシーな男性」だけあってめっちゃステキだったし、アボリジニの少年・ナラもよかったし、サラの衣装もすごくステキだし、オーストラリアの雄大な景色も素晴らしく、ストーリーもハラハラドキドキワクワクでとても楽しめた。
だけど、日本軍がオーストラリアに攻めてきたあたりがちょっと・・・。空襲を受けただけだったらよかったのに、あの“伝道の島”での出来事はいただけなかった。しかも、いろいろな方の感想を読んでると、日本兵はオーストラリアには上陸していないらしいじゃないですか?!うーん、なぜ?あのシーンだけなんか違和感感じて、その後ずーっと心にシコリが残ったままになってしまったのが、残念。

人によっては、あれこれ詰め込みすぎでイマイチと思われるかもしれないけど、けっこう楽しめた作品かなぁ。途中ちょっとおかしくなったけど、アボリジニの風習をからめたラストとサラの澄んだ表情がとても素敵でよかったです。

画像


チラッとしか映らなかったけど子供カンガルーがめちゃくちゃかわいかった!あと、走る車について走るカンガルーの群れ。サラと同じように「うわぁ!すごいすごい!」って喜んでいたのに、その後の出来事には、サラと同じくビックリしてしまったよぉ〜!



3月1日(映画の日) 【09ー23本目】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
日本兵のシーンは物議をかもしてるね。
そんな映画なのに来日して宣伝して
「ニホンダイスキデース!」みたいな顔をされても(笑)
日本が嫌いな監督なのかもね。
賞も取ってないし公開後の評判は良くないねぇ。

久々に復帰したらコメ1号がとろ♪ちゃんで嬉しいわ(≧∇≦)
なかなか更新できないけど
とろ♪ちゃんのブログは読んでるよ(´∀`)
のんちゃん
2009/03/03 20:09
のんちゃんさま。
日本兵のシーン・・・、私らが日本人なんで過敏になってるのかもしれないけど、なんかイヤな感じだったのよねぇ。
ほんと、評判よくないねぇ・・・。私は一部を除いてはけっこう楽しめたんだけどな・・・。あれもこれも詰め込みすぎなトコはあったけど。なんてったってヒュー・ジャックマンが超かっこいいのぉ!
とろ♪
2009/03/04 20:17
私だけが辛口コメントか?と想像してたけど
ちまたでも評判悪かったのね・・。
ブログにも書きましたが もっと短く編集したら
良かったと思うんですけど どうですか?

日本兵は攻撃してなかったの?!
主人が気にしてたし 私も初めて聞いたなあと
思っていたけど、それが本当なら ひどいと
思うよ。大事な部分なのだから・・。

でも ヒュー・ジャックマンは素敵だったよね。
彼が見れたから まあ 良っかあ。
みいな
2009/03/09 09:25
みいなさま。
確かに長かったですよねぇ…。日本軍が攻めてくる前に終わっておけば、長さ的にも日本人的にも特に問題なく見終えれたのに…。監督がどうしても入れたかったんですかね?日本軍に関しては、わたしもよく知らないのですが、いろいろな人の感想を読むに、空から攻撃はしても、兵士がオーストラリアに上陸はしていないということみたいです。ほかにも政治的背景や主義などがちゃんと描かれていないみたいで、そのあたりに詳しい方たちには面白くなかったみたいですね。

でもでも、そんな難しいコトを気にせず、めちゃくちゃかっこいいヒュー・ジャックマンを堪能できたと思えば、それはそれでありでしたよね!
とろ♪
2009/03/09 18:16
僕もこの前見てきました。
このところちょっとバタバタしていて、ブログが更新できないばかりか、映画もあまり見られなくてストレスがたまってます。(笑)
僕もこの映画、結構好きです。大活劇という感じで、古き良き映画っていう気分になります。
カンガルーの話は、今でも本当にあるらしいですよ。
hiro
2009/03/20 08:55
hiroさま。
映画を見に行く時間がないのは、寂しいですねぇ。でも、今ってこれといって見たい作品があまりないような気がします。

世間の評判はあまりよくないですが、長いなぁと思いながらも、けっこう楽しめました。うちのだんなも面白かったって言ってましたし…、そこまで駄作だとは思いませんでした。
ただ、日本兵のくだりはちょっと…。
とろ♪
2009/03/20 14:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『オーストラリア』 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる