とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 60歳のラブレター

<<   作成日時 : 2009/05/13 19:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

語り尽くせないほどの「ありがとう」

《STORY》
[孝平とちひろの場合]
仕事一筋、家庭をかえりみない夫と、専業主婦の妻。定年を期に2人は離婚を決意。お互いが別の道を歩き始めたとき・・・。

画像


[静夫と麗子の場合]
愛妻に先立たれ娘と暮らす医師・静夫は、第一線で活躍する翻訳家・麗子と出会う。新しい恋に臆病だった2人に勇気をくれたのは・・・。

画像


[正彦と光江の場合]
青春時代にビートルズを謳歌し、今は魚屋を営む仲良し夫婦。友達のような2人に訪れた悲しい出来事。光江が眠る病室に、2人の思い出の曲の響く・・・。

画像



監督:深川栄洋
出演:中村雅俊、原田美枝子、井上順、戸田恵子、イッセー尾形、綾戸智絵
(2009年/日本)





試写会が当たっていなかったら、スルーするところでしたが、思いのほかよかった!

20代、30代、40代、50代、60代・・・、全ての世代の人が、それぞれの見方で楽しめる作品ではないかなぁ・・・?


3組のエピソードをうまく絡ませて、しかも退屈することなく、笑ったり、泣いたりと、なかなか面白い脚本だったと思う。セリフもけっこういいこと言ってたし・・・。
謎の青年(石田卓也)が何かを届けようとするんだけど、だいたい予想できたり、けっこうベタな演出(泣いてしまうやろぉ〜!)とかあるんだけど、それが妙に心地よくて・・・、3組ともクライマックスシーンでは自然に涙が溢れました。(年とって涙腺ゆるくなったかなぁ・・・)


パートナーとのことを見直すいいきっかけになったなぁ〜!20年後、30年後、どうなっているのかなぁ・・・?仲のいい素敵な夫婦でいれたらなぁ・・・。

画像


ラストの“一面の○○”は反則やわ〜!感動して泣いてしもうたわぁ〜!



★★★
5月12日(火) 【09ー50本目】
広島バルト11にて
〜試写会〜



《試写会おみやげ》
画像

            焼酎!200ml

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お土産つき?ははは、いいなぁ〜!
>ラストの“一面の○○”は反則やわ〜!感動して泣いてしもうたわぁ〜!<
ね、ね、ね!
その後の、CANDYの歌詞がまた、中高年の涙腺にやたらと刺激を与えて、たまりませんでした。
ただ…旦那と一緒に見て反応を確かめたいという思惑は、映画館に誘う段階で失敗してしまいました。
まだむ
2009/05/23 10:56
まだむさま。
ラストは感動しましたよねぇ〜!その手前の絵の時点で涙ぼろぼろだったのに、あれにはやられました。

だんなさんと一緒に見に行ってたら、ほんとどんな反応を見せてたでしょうね?でも、まだむさんのだんなさまはもう十分優しいではないですか!たぶんまだむさんご夫婦は、お魚屋さん夫婦に一番近いんじゃないかな?
とろ♪
2009/05/23 18:06
この映画はまだ未見なのですが、機会を見つけて見に行きたいと思っています。
でも・・・妻と行くのは、なんか照れくさい感じがするので一人で行こうかな。
hiro
2009/05/26 01:24
hiroさま。
是非とも奥様と一緒に見に行ってくださいませぇ〜!まだむさんのところはだんなさまに却下されたみたいですけどぉ〜。絶対お二人で見た方がいいと思いますよ!
とろ♪
2009/05/30 15:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
60歳のラブレター とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる