とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS フロスト×ニクソン

<<   作成日時 : 2009/05/03 14:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

楽園か荒野か
人生を賭けた闘いが始まった!

画像
《STORY》
ウォーターゲート事件によって大統領辞任に追い込まれて以来、沈黙を守り続けたリチャード・ニクソン(フランク・ランジェラ)。謝罪なき会見を最後にメディアの前から姿を消して以来3年、政界復帰を目論み、ある男からのインタビューを承諾する。無謀な挑戦を申し込んだ男デビッド・フロスト(マイケル・シーン)は英、豪で活躍するテレビ司会者。全米進出を狙う彼は、誰も成し得なかった“ニクソンからの謝罪”を引き出すことで、ジャーナリストとしての名声を確立しようとしていた。両者それぞれブレーンを従え、対決に挑むふたら。全米を釘付けにする4日間が始まろうとしていた・・・!


監督:ロン・ハワード
出演:フランク・ランジェラ、マイケル・シーン、ケビン・ベーコン、サム・ロックウェル
(2008年/アメリカ)


画像



ウォーターゲート事件の事なんてまったく知らなくて、どこまでが実際の事かわかりませんが、ストーリーにグイグイ引き込まれていっておもしろかった!
元々は、舞台劇だったらしいですね。映像化不可能と言われていたものを、ロン・ハワード監督がとても素晴らしい作品に仕上げていたと思います。
舞台ではとうてい見ることのできない2人の表情の微妙な変化とか、映像ならではの利点がうまく活かされていたように思います。
主役の2人は舞台と同じキャスティングとか・・・。お互いの心理・思惑がとても分かり易く描かれていたし、2人とも最高の演技で見応え十分。
特に、最終日の2人のやりとりは、息をするのも忘れそうなぐらい食い入るように見たというか、まばたきするのがもったいないくらいスクリーンから目を離すことができず、鳥肌が立ちそうでした!

画像



4月30日(木) 【09ー46本目】
サロンシネマにて

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
一言も聞き漏らさないという緊張感が伝わってきて、僕も画面に引き込まれてしまいました。
結果的にはフロストがニクソンを論破したわけだけど、誰も勝者はいない・・・そんな気にされる真剣勝負というのも面白かったと思います。
hiro
2009/05/04 07:24
実は 友人に薦められなければ
パスしてた映画でした。
めっちゃ面白かったですよね!
映画化は難しいのでしょうけど 見事に
クリアしてましたよねえ。すごいです。
みいな
2009/05/04 13:48
hiroさま。
先日見た『ダウト』のやりとりもすごかったですが、緊張感という点ではこちらの方が上でしたね。実際の映像が見てみたかったです。
とろ♪
2009/05/05 21:35
みいなさま。
正直、ここまで面白い作品とは思っていなかったので、見に行っておいてよかったです。
この作品は、脚本家の人が映像化不可能と断言していたらしいです。が、ここまで面白いと、どのあたりが不可能だったのか聞いてみたいものです。
とろ♪
2009/05/05 21:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フロスト×ニクソン とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる