とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS レスラー

<<   作成日時 : 2009/06/22 19:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

人生は過酷である、
ゆえに美しい。

画像
《STORY》
金・家族・名声をも失った元人気プロレスラーのランディ(ミッキー・ローク)。トレーラーハウスで1人生活する彼にとっては、プロレスの仲間だけがファミリーと呼べる存在であり、リングの上だけがホームと呼べる場所だ。しかし、そんな彼にも肉体の衰えには勝てず、引退を余儀なくされる時がやってくる。新しい仕事に就き、疎遠にしていた娘との絆を修復し、恋人を見つけ人生の再出発をはかろうとするランディだが・・・。


監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド
(2008年/アメリカ・フランス)


画像



この作品で、1人のレスラー、1人の男の生き様を見ました!
っていうか、“女子立ち入るべからず”とでも言いましょうか、女の私が見てしまってすみませんでしたって思ってしまうぐらい、男の世界・・・。
でも、実の家族には辛すぎる・・・。結局犠牲になっているんだもの・・・。
(>_<。)



ミッキー・ロークってあまり印象に残ってないのですが、もっと体の線とか細くて、なんかボクシングとかしてませんでしたっけ・・・?
それなのに、もう本物のレスラーにしか見えない体つき・・・、ファイトシーンのありとあらゆるシーンが、リアルで迫力があって、痛々しくって・・・。ランディは彼以外には考えられませんでした。
会社側が、主演はニコラス・ケイジでっていうのを監督がどうしてもミッキー・ロークでやるって引かなくて、それならと大幅に予算を削られたらしいです。
でも、それで大正解!正直、ニコラス・ケイジだったら、ここまでの作品にはなってなかったでしょう。ミッキー・ロークからにじみ出ている悲壮感、哀愁を、彼からはここまで感じられなかったと思います。
ミッキー・ロークにこだわった監督さんに拍手!


マリサ・トメイって44歳!?
Σ( ̄□ ̄)!
なんてスタイルがいいのでしょう・・・。思わず見とれてしまいました。そんな完璧なスタイルなのに男の人はやっぱり若い子のほうがいいんだよね・・・、同じ女性としてそのあたりの切なさ、生活していくということ、そして“老い”について、ひしひしと伝わってきました。



生き生きと輝いていたランディのラストシーンに大粒の涙が!!





★★★★
6月18日(木) 【09ー69本目】
サロンシネマにて

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ニコラス・ケイジの話があったのね!
ミッキー・ロークじゃなかったら はっきり
言ってしまって 普通の映画だったんじゃない?
ニコラス・ケイジがどうのこうのじゃなくて
ミッキー以外にはこの役はダメだよね。
監督さんに ほんと拍手したいよ。
みいな
2009/06/23 10:07
ニコラス・ケイジの話は、僕も知りませんでした。イメージが全然湧きませんね。やっぱりミッキー・ロークのための映画だったと思います。
マリサ・トメイ、好きです!(笑)若いキャバ嬢に心のこもっていない接客されるぐらいなら、余計にチップ払っても、彼女の“スペシャルダンス”お願いします。アフターの誘いをピシャッと断る所なんて、他人事とは思えませんでした。(笑)
hiro
2009/06/27 03:36
みいなさま。
ニコラス・ケイジはいい役者さをですが、ランディはミッキー・ローク以外には考えられませんよね。っていうか、予算を削られてまでも自分にこだわってくれた監督に対して、この作品に自分のすべてをかけると決意して演じたらしいですよ。
とろ♪
2009/06/27 17:18
hiroさま。
ニコラス・ケイジだったら…、うん、やっぱり私もイメージわきません。ミッキー・ロークはすごいですね。どうやってあんな肉体になったのやら…。

マリサ・トメイよかったですよねぇ〜!44歳であの体型…。うらやましい限りです。私は、二の腕とお腹と足をどうにかしなくっちゃ…、って全部やん!
とろ♪
2009/06/27 17:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
レスラー とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる