とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 空気人形

<<   作成日時 : 2009/10/14 16:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あなたの息で、私のカラダを満たして・・・
画像
《STORY》
古びたアパートで、持ち主である秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)―――空っぽな、誰かの「代用品」。
ある朝、本来持ってはいけない「心」を持ってしまう。秀雄が仕事に出かけると、洋服を着て靴を履いて、街へと歩き出す。初めて見る外の世界で、いろいろな人間とすれ違い、つながっていく空気人形。ある日、レンタルビデオ店で働く純一(ARATA)と出会い、その店でアルバイトをすることに。密かに純一に想いを寄せる空気人形だったが、彼の心の中にどこか自分と同じ空虚感を感じてしまう―――。


監督:是枝裕和
出演:ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー
(2009年/日本)




切ない・・・、切なすぎます。

気がついたら涙が浮かんでました。



「心」って・・・。「心」があるから、嬉しかったり、楽しかったり、悲しかったり、するわけで、なんかねぇ〜、考えちゃいましたね、いろいろと。


秀雄のセリフ「元の人形に戻ってくれ」「めんどくさいねん」・・・。「気持ち」はいらないの?そんなままごとのような一方通行がいいの?と、なんだか悲しくなりました。

心を閉じてしまった、病んでしまった人たちと、「心」を持って成長?していく空気人形とのふれあいや対比がよかったです。



ペ・ドゥナがねぇ〜、めっちゃかわいい!いや、ほんま透明感ありました。ナイスキャスティング。たどたどしい日本語が、これまた雰囲気があってよかったです。かなりきわどいシーンなんかも演じてて、女優魂を見せつけられました。日本の若手女優にはここまで出来る人いないだろうなぁ・・・。自分で自分に空気を入れるシーンがあるのですが、これがなんとも色っぽくて・・・、エロいというよりその美しさにドキドキしました。



とても切ない、心が痛いお話しなのですが、「ふわっ」と心が温かくなる作品でもあり、何度も何度も見たくなる作品でした。




★★★★
10月8日(木) 【09ー102本目】
シネツイン本通りにて

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
空気人形 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる