とろのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 南極料理人

<<   作成日時 : 2009/11/22 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

おいしいごはん、
できました。
画像
《STORY》
海上保安庁の料理担当である西村は、南極ドームふじ基地に派遣される。ペンギンやアザラシはおろか、ウィルスさえ生存できない極寒の地では、楽しみと言えば食べることだけ。観測隊員のために西村は、時に贅沢な食材を使い、娯楽の少ない彼らをもてなしていた。日本から遠く離れた西村の心の支えは家族。しかし、ある日娘から「お父さんがいなくなってから毎日が楽しくて仕方ありません」というファクスが届き、ショックを受ける。


監督:沖田修一
出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原浩輔
(2009年/日本)
公式サイト:http://nankyoku-ryori.com/


画像



この作品、9月に見に行ったのに・・・、感想も書かずに2ヵ月近くも放置・・・。



正直言って、映画館でなくてもよかったかもしれないけど、、、


でも、おもしろかった!うん、けっこう笑っちゃったね!本当はかなり過酷な環境なんだろうけどね。ほのぼのしてたので、なんか癒されちゃったし・・・。

キャスティング絶妙でしたねぇ〜!堺さんもきたろうさんもみんなナイスキャスティングでしたが、私的には豊原さん、サイコー!でした。


こういうところの食事って缶詰とかレトルトとか簡易的なものかと思っていたけど、けっこういいものを食べてらっしゃるんですねぇ。そりゃ、1年間も味気ない食生活だったら、体調も精神もおかしくなっちゃうか・・・。
それにしても“伊勢えび”ってホンマですか?『えび=フライ』っていう短絡的思考には南極料理人・西村さん同様私も「はっ?」ってなっちゃいました。いや、ムリっしょ!揚げられないっしょ!
ってか、ほんとに作っちゃったの?!根性ですね。私も“伊勢えびフライ”かぶりついてみたいぞ!


なんか見ているうちに、堺さんがお母さんで、きたろうさんがお父さん、その他の人たちが息子たちっていうひとつの家族にだんだんと見えてきて、家族みんなで食卓を囲む良さ?みたいなものが感じられましたね。



美味しいものを食べているときって、確かに幸せだ!元気も出るし!




★★★
9月28日(月)  【09−97本目】
ワーナーマイカル広島

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
PC 調子が良くなったのね?
良かったですね。

確かに映画館でなくても良いかもしれないけど
面白い映画でした。
限られた空間での映画ってハズレないですね。
豊原さん 私もぴったりだと思ったよ。
みいな
2009/11/26 09:58
僕としては、今のところ、今年の邦画では1です。それほど気に入りました。
伊勢エビフライも面白かったし、何しろ、冒頭の“逃走シーン”が最高にシャレが効いてて良かったと思います。
おっしゃるとおり、確かに一つの家族みたいでしたね。
hiro
2009/11/30 06:25
みいなさま。
PCは、時々言うことを聞いてくれませんが、何とかやっております。

この作品はほんとキャスティングが絶妙でしたね。豊原さん〜!もう、おもしろすぎです。
うん、なんかまた見たくなってきました。

とろ♪
2009/12/04 20:31
hiroさま。
おおぅ!?今年の.1ですか。う〜ん、私はどの作品かなぁ・・・?今年見た作品を振り返ってみなければ。

冒頭の“逃走シーン”・・・。いや、これがまったく記憶になくて・・・。食べ物のシーンはよく覚えているのですが・・・。伊勢えびもおもしろかったのですが、ラーメンのシーンもとてもおもしろかったです。
とろ♪
2009/12/04 20:38
とろちゃん!なぜ、冒頭のシーンを覚えていないの??
基地から逃げ出した若者をみんなが追いかけて説得するシーン。最初は、南極という隔離された場所で極度のホームシックになった隊員が歩いて日本に帰ろうとする自殺行為を必死に止めようとするシリアスなシーンと思いきや、実は麻雀で負け続けて、もう麻雀するのが嫌になっただけというオチ・・・僕はいきなり大爆笑でした。
hiro再び
2009/12/19 03:11
hiroさま。
おぉ、わざわざありがとうございます。
ですが、すっかり抜け落ちちゃってます、ここのシーン。DVDが出たらもう一回見直してみますぅ〜。
なんでこんな面白そうなシーンの記憶がないのでしょう・・・、私ってヤツは・・・。
とろ♪
2009/12/20 18:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
南極料理人 とろのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる