『ラスベガスをぶっつぶせ』

「運」は存在しない。
信じるのは「数式」だけ。

画像
《STORY》
マサチューセッツ工科大学に通うベンは夢のハーバード大学医学部進学資格を得ながら、30万ドルの学費を捻出できずに頭を痛めていた。そんな時、ミッキー・ローザ教授から秘密の研究チームな誘われる。彼は優秀学生たちにブラックジャックの必勝法であるカード・カウンティングを習得させ、ラスベガスに乗り込んでは大金を稼いでいたのだった。学費のためにチーム入りを決めたベンは天才的な数学力を発揮する。


監督:ロバート・ルケティック
出演:ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、ローレンス・フィッシュバーン、ケヴィン・スペイシー
(2008年/アメリカ)


画像



ラスベガスは一度行ったことがあります…。大通りは治安もよくて夜中も歩けるし、カジノはもちろん、いろんなアトラクションやショップや、もう街中が遊園地みたいで、すっごい楽しかった思い出が、この作品を見てよみがえってきました!


お約束な展開があちこちにあったけど、後半、全然予想してなかった(私だけかも…)どんでん返しがあったり、ハラハラドキドキワクワクして、けっこうおもしろかった!
でも、あんな大金を手にしてよく冷静でいられたなぁ…。

画像


主人公・ベンが、さえないマジメ学生から、どんどん自信をつけて、イケてる学生へと変身していく様子がうまく演じられてました。


『ラスベガスをぶっつぶせ』という題はなんだかなぁ…、もうちょっとおしゃれに出来なかったのかなぁ…と、ちょっと思ったさぁ~!


6月4日(水)  【08ー66本目】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みいな
2008年06月12日 14:49
私にも意外な展開だったよ!

確かに この邦題ってなんとかして欲しかったよね。
でも代わりが浮かばないよ。
2008年06月12日 19:25
みいなさま。
邦題イマイチですよね・・・。確かに浮かばないんだけども、もうちょっとなんとか出来たような気がします。

ローレンス・フィッシュバーン怖かったですよね。でも、まさかあんな密約をしていたなんて!
2008年06月12日 21:49
なるほど、確かに邦題はイマイチですね。
邦題の上手い付け方といえば、水野晴郎さんが亡くなりました。実は僕は「シベ超」のファンだったので残念です。新作期待していたのに・・・。
ラスベガス行ったことあるんですね!良いなぁ~。僕もカジノでケイト・ボスワースちゃんに誘われたいです。
2008年06月13日 19:21
hiroさま。
水野晴郎さんのことはビックリでした。最近はお見かけする機会が少なかったのですが、ほんと残念ですね。『シベ超』は見たことないです・・・。追悼をかねてTV放映されませんかね?

ラスベガスめっちゃ楽しいですよ!オススメです。空港にもスロットマシーンがあるんですから!うちら夫婦なんとかもう1度行きたいと思ってるのですが、お金も時間も・・・、なかなか厳しいです。
2008年11月09日 13:49
レンタルで借りて、やっと見ることができました☆
おもしろかったです!
転落しちゃってからの展開は、全然予想ができなかったので。ハラハラさせられました!
2008年11月10日 19:41
マキサさま。
おっ、見られましたか!ハラハラドキドキでおもしろかったですよね。
よかったぁ~、やっぱり後半の展開は予想できませんでしたよね・・・。
それにしても、実話が元になってるってのがすごいですよね。

この記事へのトラックバック