『スピード・レーサー』

信じたゴールへまっしぐら。彼の走りが世界を変える!
画像

《STORY》
レーシング一家に育ったスピードは、レース事故で死んだ兄の意志を継いでレーサーとなり、地元のレースでぶっちぎりの優勝を果たした。その才能に目をつけたローヤルトンからスポンサーの申し出を受けるが、家族と共にレースに出ることを望みこれを断る。するとローヤルトンの態度が一変、すべてのレースは八百長で、スピードは勝てないと言い放つ。その言葉を証明するようにレースでの妨害が始まり…。



監督:ウォシャウスキー兄弟
出演:エミール・ハーシュ、クリスティーナ・リッチ、ジョン・グッドマン、スーザン・サランドン、マシュー・フォックス、真田広之、Rain(ピ)
(2008年/アメリカ)


画像



評価が極端に分かれていたこの作品…、原作のアニメも見たことないし、ギリギリまで見に行くのを迷っていたのですが…、


見に行ってよかった!
けっこう面白かったぞ!弟役の子やチンパンジーくんがかわいくておもしろかった・・・。
ストーリーもそんな悪くないし、なによりとてもカラフルなこの原色な感じが好きかも…。

画像


目が回るとか酔うとかいろいろと言われてたレースシーン…、
全然OK!酔うどころか、その映像・スピードにワクワク!
大スクリーンで見る価値あり!
原作もこんな感じなのかしらぁ…。
ちょっと見てみたいなぁ…。
再放送とかやらないかなぁ…。

画像


真田広之は確かにあんま目立ってなかった…。


7月30日(水) 【08ー83本目】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みいな
2008年08月08日 08:12
楽しい映画だったよね!
エミール・ハーシュ 原作にそっくりだし。
原作をとても大切にして作られていることに
好感が持てたよ。
あんまり筋とか物語の深さとか重視しないで
映像を楽しむ映画だと思うよ。
そのあたりが 評価が分かれるのかも?
2008年08月08日 14:10
真田広之はどうでもいいから見たい(笑)
映像技術がすごそうね。
昔のムチャクチャな設定のマンガやファンタジーを作れるのは
映像技術がそれだけ発達したからだよね。
この映画は純粋に映像を楽しめばいいのかも。
2008年08月09日 15:09
みいなさま。
みいなさんのおかげでおもしろい映画を見過ごさずにすみました!ほんとにいつもいつもありがたいです。
映像は、ほんとにすごかったですね!テレビじゃこの映像のよさは体感できませんよねぇ。
2008年08月09日 15:12
のんちゃんさま。
いや、ほんま、真田広之はどうでもいい役だったのよ・・・。でも、映像はすごかったよぉ!人によってはほんと目が回るかもしれないけど、見て損はないんじゃないのかなぁと、思います。

この記事へのトラックバック