それでも恋するバルセロナ

この恋、想定外
画像
《STORY》
バカンスを楽しむためバルセロナにやってきた親友同士、ヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)。慎重なヴィッキーは真面目な彼と婚約中。一方、自由奔放なクリスティーナは彼氏と別れたばかり。ある日、2人はセクシーな画家、フアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)と出会う。情熱的な彼にクリスティーナが一目惚れする一方、ヴィッキーも戸惑いながらも彼に惹かれていく・・・。そこにフアン・アントニオの元妻、過激な天才マリア・エレーナまで現れて・・・。


監督:ウディ・アレン
出演:スカーレット・ヨハンソン、ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、レベッカ・ホール
(2008年/アメリカ=スペイン)
原題:Vicky Cristina Barcelona


画像



試写会にて、一足お先に見てきました!(アップするの遅くなったけど・・・)



う~ん、それなりには楽しめる作品ではあったけど・・・、見終わった後、特に何も残らなかった・・・。ひと夏のアバンチュールだから、こんなものなのかもしれないけど、見終わったあと、ハッピーな気持ちになれるほうが好きだなぁ・・・。



出演者はとってもよかった!
自由奔放なクリスティーナを演じたスカーレット・ヨハンソンは、なんかめちゃかわいかったし、ハビエル・バルデムも今まで見たことないような役でちょっと新鮮だった。
でも、やっぱ1番はペネロペ!彼女が登場したとたん、スカーレット・ヨハンソンもレベッカ・ホールもかすんじゃった・・・。すごい存在感。


そう、これだけ素敵な俳優さんたちが揃っているのに・・・
ナレーションがウザい!とにかく頻繁にナレーションがあって、イライラさせられた。
そのせいかどうかはわからないけど、1時間36分とそんな長くない作品なのにめっちゃ長く感じられて、途中何度もあとどのくらいなのか時計を見たかったくらい・・・。


サグラダ・ファミリアをはじめとしたバルセロナの街並みにスパニッシュギターの調べ・・・。美女揃いでストーリーもそんなに悪くはなかったのに、なんか惜しいなぁ・・・。



そうそう、ヴィッキーの婚約者が、クリスティーナの話を理解できない!?って顔で聞いていたのが、妙にリアルでなんか笑っちゃった!



★★★
6月23日(火) 【09ー70本目】
広島バルト11にて
~試写会~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年06月27日 19:41
初めまして!
遊びに来ました!
これからヨロシクお願いしま~す
2009年07月01日 17:43
今日観ました。
やっぱりナレーション うるさかったよね!
あれってさあ、無くても意味が通じること
ばっかりだったよね。

ヴィッキーの婚約者との3人の会話・私も
あの表情には笑えました。上手いよね。
2009年07月01日 20:18
みいなさま。
ですよね、ですよねぇ~!ナレーションうるさかったですよね。なんか押し付けられてる感があって苦痛でした。

美人揃いに、バルセロナの素敵な街並み、音楽もよかっただけに、このウザいナレーションがなかったら、もっともっとおもしろい作品になってたのに…、残念!

この記事へのトラックバック