サブウェイ123

二人の「頭脳」が激突する
画像

《STORY》

[地下鉄職員]
123号車、応答せよ
なぜ停車した?


2時00分、ニューヨーク地下鉄運行指令室。ここで働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分列車が緊急停車したことに気づく。しかも、その車両は切り離され、1車両のみが停まっていた。

[ハイジャック犯]
ニューヨークが、俺に金を払え
この人質の代金として


無線で回答してきたのは、ライダーと名乗る男(ジョン・トラボルタ)。その要求は1000万ドル、身代金を用意するのはニューヨーク市長、人質は19名、残された時間は59分間、さらに、交渉相手にはガーバーを指名・・・



監督:トニー・スコット
出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ、ジョン・タトゥーロ
(2009年/アメリカ)


画像



デンゼル・ワシントンにジョン・トラボルタ、予告編の作りも緊張感あって、めっちゃ期待して見に行ったのですが・・・

う~ん、なんだろなぁ・・・、そこそこハラハラさせられたんだけど、エンドロールが終わった後、「あぁ~、おもしろかった!」って思えなかった・・・。
「なんで○○?」って疑問点がたくさんあったし、犯人の動機がちと微妙だった気が・・・。。微妙というより、ここまでやる?って感じかな。


オープニングの地下鉄が縦横無尽に走る様子は、とってもスタイリッシュな映像で、またそれに合わした音楽も超かっこよくてなかなかよかったし、ジョン・トラボルタの悪役も悪くなかったし、ガーバーとライダーの無線でのやりとりも適度に緊張感があってハラハラさせられました。

が、ラストに向けて、なんだかだんだんとテンションが下がっていったんだよねぇ・・・。そしてあのラスト・・・。う~ん、なんかしっくりこなかったなぁ~。



★★★
9月9日(水) 【09ー89本目】
TOHOシネマズ緑井にて

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年09月16日 23:44
こんばんわ!
私もこの映画、前半の方がおもしろかったな~って思いました☆
主役二人の組合せはめっちゃ嬉しかったのですが(^^;).
2009年09月17日 09:17
う~ん、そうだよねえ。
どうもキリスト教と関係の深い話だったような
気がして仕方ないんだよね。
だから私たちにはしっくりこないのでは?と
思うんだよね。ラストとかも釈然としないしねえ。
2009年09月18日 15:19
マキサさま。
あっ、やっぱりマキサさんも前半のほうがおもしろかったですか、私だけじゃなかったんだ。後半は地下鉄職員がすることちゃうやろぉ~って、思いながら見てました。

この2人の主演ということでかなり期待していたのですが、私的にはちょっとオシい作品でした。
2009年09月18日 15:24
みいなさま。
う~ん、キリスト教かぁ…。そりゃ、ちょっと理解できないわ…。
ラスト微妙でしたよねぇ…。せっかくこの2人の主演ということでかなり期待していたのですが、前半の作りが悪くなかっただけに、オシいなぁ…。

この記事へのトラックバック