人生に乾杯!

ふたりなら
きっと明日を
変えられる

画像
《STORY》
運命的な出会いを機に結婚したエミルとヘディも、今では81歳と70歳。互いに恋に落ちた頃のことなど、すっかり忘れていた。社会も時代も変わって、年金だけでは暮らしていけない世の中。つつましやかな生活をしているのに借金取りに追われる毎日が続き、ついに二人の出会いのきっかけだったダイヤのイヤリングまでも、借金のカタに取られてしまう。


監督:ガーボル・ロホニ
出演:エミル・ケレシュ、テリ・フェルディ、ユディト・シェル、ゾルターン・シュミエド
(2007年/ハンガリー)


画像



や、ら、れ、ま、し、た。。。






私の涙を返せぇ~!!(笑)





まさかねぇ、そういう展開でくるとは思ってなかったから、ラストの手前で思わず“ウルッ”と、なったのですよ。






そしたら、






そしたらぁ~!?






まんまと騙されました。






エミルとヘディの行動にクスクスと笑え、なんか癒され、犯罪を犯してるんだけど、なぜかほわわぁ~んと幸せな気持ちにさせてくれる作品でした。
それとともに、自分の老後はどうなるんだろう・・・と、ちょっと不安にもなったりしたのですが、この2人のように仲の良い2人で入れたらなぁ・・・なんて思っちゃいました。(もちろん犯罪は抜きで。。。)





それにしても、そこ上れちゃうのその車!?とか、ハンガリー警察の無能ぶりには・・・?とか、まあいろいろツッコめそうですが、そういう気にさせない何かがありましたね。




★★★
9月26日(土) 【09ー95本目】
シネツイン本通りにて

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年10月21日 06:16
でしょ?(笑)
涙が出るような作品ではないよなあとは思いつつ、ネタバレになるので、黙っておりました。
でも、良かったでしょ?心が優しくなったと思います。とても良い映画ですよね。
2009年11月03日 21:15
hiroさま。
涙・・・、予告編を見たときは泣ける作品かしらと思ったし、実際にラスト手前の車で警察車両に突っ込んでいくシーンでは、「もう、そうするしかないのねぇ~」と、思わずウルッとしてしまいました。。。
えぇ、すっかり騙されてしまいました。
でも、よかったです!hiroさんが言われるように、心が優しくなる作品でした。

この記事へのトラックバック