テーマ:映画(さ行)

『幸せになるための27のドレス』 試写会

今度はわたしが輝く! 《STORY》 アウトドア・ブランドの社長秘書として働くジェーンは、プライド・メイド(花嫁付添い人)に生き甲斐感じ、毎日、誰かの結婚式の準備に奔走していた。そんな彼女に、地元新聞で結婚式の取材記事を書いているケビンが目をつける。結婚記事の仕事に飽き飽きしていたケビンは、ジェーンのプライド・メイド人生を記事に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『最高の人生の見つけ方』

余命6ヶ月、 一生分笑う。 《STORY》 自動車整備工のカーターと実業家で大金持ちのエドワードが入院先の病院で相部屋となる。方や見舞いに訪れる家族に囲まれ、方ややってくるのは秘書だけという2人には何の共通点もなかった。ところが、共に余命半年の末期ガンであることが判明し、カーターが死ぬ前にやっておきたいことをメモした“BUCK…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

欲望と言う名の黒い血が      彼を《怪物》に変えていく…。 《STORY》 一獲千金を夢見るダニエル・プレインヴューは、幼い1人息子を連れて石油の採掘を行っていた。ある青年から、「故郷の広大な土地に石油が眠っている」と聞いた彼は、パートナーのフレッチャーと共に北西部の小さな町、リトル・ボストンに赴き、安い土地を買い占め、油…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『サラエボの花』

母娘、 真実を 生きてゆく 《STORY》 ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サラエボで、シングル・マザーのエスマは12歳の娘サラと2人で暮らしている。生活は厳しく、エスマは深夜までナイトクラブで働かねばならない。疲労が重なったエスマは、ときどき自分の感情をコントロールできなくなり、サラに対して辛くあたってしまう。一方、娘のサ…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

『スパイダーウィックの謎』  《吹替え版》

“この本、読むべからず。 少しでも読めば、恐ろしい結末が待つ。” 《STORY》双子の兄弟ジャレッド&サイモン、姉のマロリーは母のヘレンに連れられ、朽ち果てた屋敷にやってくる。両親の仲違いから、母親と子供たちは大昔に行方不明になった大伯父スパイダーウィックの屋敷で、新生活を始めることになったのだ。この家にやってきた直後、壁の裏に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『その名にちなんで』

母は、父に僕という奇跡を与えた。 父は、僕の名に奇跡を刻んだ。 《STORY》 1974年、インド・コルカタの学生ガングリーは列車事故に遭い、九死に一生を得る。事故の直前に親しくなった老人から受けた海外に出て経験を積めとのアドバイスに従い、アメリカの大学へ。そして親の進める見合いで結婚し、家族に祝福されながら、ニューヨークでの…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

『全然大丈夫』

憩いまくりたい人々に贈る、 恋のユル騒ぎムービー 《あらすじ》 古本屋の長男で植木職人の照男は、人を怖がらせることが好きな29歳。世界一のお化け屋敷を作るのが夢で、暇さえあれば人を怖がらせて楽しんでいた。照男の幼なじみの久信は、30歳を目前にして自分の仕事に自信を持てずに悩んでいた。ある時、久信の職場にアルバイトの女性、あかり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『砂時計』  (試写会)

ずっと、一緒にいたかった。 《あらすじ》 杏は、両親の離婚を機に母親の実家・島根に越してきた少女。田舎独特の雰囲気を馴れ馴れしく感じた杏だが、近所に住む大悟や藤・椎香らと知り合い、徐々に自分の居場所を見つけてゆく。しかし、彼女を支える母親が仕事中に倒れて…!? 監督:佐藤信介 出演:松下奈緒、夏帆、井坂俊哉、池松壮亮 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『再会の街で』

話すことで、癒されていく傷がある。 《STORY》 ニューヨークの歯科医アランは美しい妻と二人の娘に恵まれ、さらに仕事は順調、他人もうらやむ生活を送っていた。ある日アランは大学時代のルームメイト、チャーリーを街で見かける。彼は“9.11”で妻子を亡くして以来、消息がわからなくなっていたのだ。後日アランは再びチャーリーと遭遇するが…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『潜水服は蝶の夢を見る』

ぼくは生きている。話せず、身体は動かないが、 確実に生きている。 《STORY》 病院のベッドで目を開けたジャン=ドーは、自分が何週間も昏睡状態だった事を知る。そして身体がまったく動かず、唯一動かすことができるのは左目だけだという事も。ジャン=ドーは雑…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『ジェシー・ジェームズの暗殺』

《STORY》 南北戦争にゲリラとして参加し、その後は犯罪集団となったジェシーとその兄フランクが率いるジェームズ一味。彼らが新たに企てた列車強盗計画に、ひとりの若者ロバートが加わった。彼は新聞や本でジェシー一味の活躍を知り、ジェシーに心酔していたのだ。列車強盗を行った後、一味は分散して身を潜めることに。ロバートはジェシーに側に残る…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『ジャンパー』 (試写会)

行き先、無制限 《STORY》 デヴィッド・ライスは突然、その能力に目覚めた。彼は世界中の好きな場所へと瞬間移動できる“ジャンパー”、つまりテレポーターなのだ。15歳のとき突然、自分に備わった能力を知ったデヴィッドはその10年後、ニューヨークで“ジャンパー”だけが味わえる自由を謳歌していた。彼は一晩のうちにサハラ砂漠やローマの遺…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

『シルク』

遥か極東の国で、   彼は何に出会ったのか? 《STORY》 19世紀、フランス。 戦地から戻ったばかりの 若き軍人エルヴェは、 美しいエレーヌと出会い 恋に落ち、 やがて二人は結婚する。 そんな矢先、 村で蚕の疫病が発生し、 エルヴェは、美しい絹糸を吐く 蚕の卵を手に入れるため、 海を渡り、砂漠を越え、 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』

いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。 《STORY》 舞台は19世紀の英国、ロンドン。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに再開した理髪店、そこで腕を振るうのは、殺人理髪師スウィーニー・トッド。胸には復讐、目には狂気、そして手にはカミソリを……
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

『自虐の詩』  (102本目)

11月7日(水) 伝説の4コマ漫画映画化! 笑いあり、涙ありの怒涛のエンターテインメント! 《あらすじ》 ひなびたアパートに住むイサオと幸江。イサオは無口な乱暴者で、仕事もせずに酒とギャンブルに明け暮れる。内縁の妻の幸江がラーメン屋で働き生計を立てていた。少しでも気に入らないものが並ぶとちゃぶ台をひっくり返すイサオだが、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『象の背中』  (96本目)

10月18日(木) 試写会です。 《あらすじ》 妻と2人の子供、幸せな家族4人。会社での地位も得て、順風満帆に暮らす48歳の中堅不動産会社部長・藤山幸弘(役所広司)は今まさに人生の“円熟期”を迎えていた。だが、ある日突然、末期の肺がんと宣告される。その時、藤山が選択したのは、延命治療ではなく、人生を全うすることだっ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『サウスバウンド』  (85本目)

9月26日(水) 今週2本目の試写会デス♪♪ 森田芳光監督の舞台挨拶あり! 《あらすじ》 「税金など払わん、学校へなんか無理に行かなくていい。文句があるなら国民辞めちゃおー」子供の迷惑顧みず、ハチャメチャでブッとんだ大人が目前の“悪”に向かって突進する。すべてを捨てて突然沖縄へ移住し組織を相手に大立ち回り。子…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

『幸せのレシピ』  (79本目)

9月18日(火) 試写会です♪ 《STORY》 ニューヨークの人気レストランで料理長を務めるケイト(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は完全主義者。仕事に対する情熱は人一倍。厨房では料理人たちを取り仕切り、目が回るような忙しさの中、正確に、完璧に、すべての料理を仕上げていく。積み重ねてきたキャリア、努力して手に入れた自…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『それでも生きる子供たちへ』  (70本目)

9月1日(映画の日) 本日2本目! 『タンザ』   監督:メディ・カレフ/ルワンダ 《STORY》 夜明けと共に走り出す子供たち。その手には、明らかに見合わない大きさの銃があった。少年たちはルワンダで「自由」の名の下に強制的にゲリラ部隊に入隊させられた。その中の一人、タンザはまだ12歳。スニーカーが一番の自慢だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『サン・ジャックへの道』  (54本目)

7月13日(金) 病み上がりなのに、今日で終わってしまうため、見に行ってきました。 《STORY》 ストレスで薬に依存している兄ピエール、頑固なオバサン教師クララ、アルコール漬けで文無しの弟クロード。険悪な仲の兄姉弟が、亡き母の遺産を相続するためフランスのル・ピュイからスペインの西の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『シュレック3』  (53本目)

7月4日(水) 吹き替え版を見てきました! 《STORY》 幸せな結婚生活を送っていたシュレックとフィオナ姫。そこへ病気に伏せていたフィオナの父・ハロルド国王の容態が悪化したとの報が入る。見舞いにきたシュレックにハロルドは次期国王になるよう頼むが、王様になんかなりたくないシュレックは大慌て。王家の血筋である魔法学校生のアー…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

『ゾディアック』(51本目)

6月27日(水) 本日2本目です。 《STORY》 1969年、ドライブ中のカップルが襲撃され、女性は死亡、男性も重症を負う事件が起こった。その1ヵ月後、新聞社に事件の犯人と思わしき人物…後に“ゾディアック”と名乗る男から犯行を告白する手紙と暗号文が届けられる。曰く、暗号文を新聞に載せないと大量殺人を決行するという…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『300<スリーハンドレッド>』  (43本目)

最初は絶対観ようと思いながらも、いろんな人の感想を読んで、ちょっと観に行くのやめようかと、思ったのですが、やっぱり自分の目で確かめないと、と思い観に行きました。 《STORY》 紀元前480年。スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)のもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。曰く、土…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

『ザ・シューター/極大射程』  (40本目)

6月6日(水) 「このミステリーがすごい!」第1位にひかれて観に行きました。 《STORY》 元海兵隊の名狙撃手、スワガー(マーク・ウォールバーグ)。軍を退いて山奥で暮らしていた彼の元を、退役したジョンソン大佐らが訪ねてきた。彼は大統領暗殺の動きがあることをスワガーに話し、その阻止を手伝ってほしいという。スワガーは…
トラックバック:2
コメント:7

続きを読むread more

『主人公は僕だった』  (39本目)

6月1日(金) 今日は映画の日!だんなは飲みなので、仕事帰りにさくっと行ってきました。 《STORY》 平凡で面白みのない男、ハロルド。国税庁の会計検査官である彼は、過去12年間、毎日決まりきった生活を送っている。しかしある朝、ハロルドの頭の中に、彼の行動を文学的な表現で語る女性の声が割り込んできた。それからという…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『女帝[エンペラー]』  (37本目)

5月24日(木) 『女帝[エンペラー]』の試写会に行ってきました。 《STORY》 時は、古代中国の五代十国時代。皇帝の弟リーが、兄を殺して王位を奪い、さらに皇太子をも抹殺しようとしていた。王妃ワンは義理の息子である皇太子を守るため、新帝リーと結婚する。彼に抱かれながら、魂は復讐の神に捧げる王妃。彼女への欲望に溺れ…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

『スモーキン・エース』 (36本目)

5月23日(水) 《STORY》 ラスベガスで人気のマジシャン、エースは、ギャングたちと付き合っているうちに、自らもギャング稼業を始めてしまった。結果失敗し、あげくの果てに逮捕されてしまったエースは、終身刑を免れるためにFBIとの司法取引に応じようとしていた。エースの裏切り行為にご立腹のマフィア界の超大物・スパラッザは、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『スパイダーマン3』(35本目)

5月16日(水) 『スパイダーマン1・2』の予習がすんだので、やっと観に行ってきました! 《STORY》 今やピーター・パーカーの人生は順風満帆そのものだ。スパイダーマンとしてはNY市民にヒーローとして愛され、大学では成績トップ、ブロードウェイ・デビューを果たした恋人MJとの関係も良好で、ついにプロポーズを決意する。と…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

『守護神』               (15本目)

2月28日(水) 今日は『守護神』を観に行きました。 この映画、実は公開前に香港から帰る飛行機の中で観たんです。(1月末に香港旅行に行きました!いつか、その時の事ブログに書こうと思っているのですが・・・)観たといっても、最初の50分くらいは観てなくて、しかもラストで船長が救出されたところで関西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『さくらん』       (10本目)

2月14日(水) 『さくらん』の試写会に行ってきました。   《story》 お蘭(小泉今日子)によって吉原の玉菊屋に連れてこられた8歳の少女。きよ葉と名づけられた彼女は、高級花魁・粧ひ(菅野美穂)に面倒を見られることになった。玉菊屋から脱走を図り続けるきよ葉だったが、粧ひに導かれ吉原一の花魁を目指す事を決意する。 やがて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more