テーマ:映画(な行)

2012

2012年12月21日 マヤの予言通り、世界は終わる。 《STORY》 2009年、世界各国のリーダーたちは、地球が壊滅に向かっているという驚愕の事実を掴む。そして、2012年の世界終末の日までに、人類救出の策を密かに企て始めるが・・・。地球上の全人類を救い出すことは、もはや不可能だった。 2012年。ジャクソン(ジョン・キ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

南極料理人

おいしいごはん、 できました。 《STORY》 海上保安庁の料理担当である西村は、南極ドームふじ基地に派遣される。ペンギンやアザラシはおろか、ウィルスさえ生存できない極寒の地では、楽しみと言えば食べることだけ。観測隊員のために西村は、時に贅沢な食材を使い、娯楽の少ない彼らをもてなしていた。日本から遠く離れた西村の心の支えは家族。し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

なくもんか

これは“泣ける喜劇”か!?“笑える悲劇”か!? 《STORY》 幼い頃、無茶苦茶な人生を送る父に捨てられ、生き別れた兄弟がいた。兄・祐太(阿部サダヲ)と弟・祐介(瑛太)。不幸な生い立ちの二人だが、“なくもんか”とばかりに笑顔で毎日を生きている。しかし二人はまだ、お互いの顔も名前もしらない・・・ 監督:水田伸生 出演:阿部…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗

もうひとつの 結末。 もうひとりの ともだち。 《STORY》 “ともだち歴3年”(2017年)。世界は「世界大統領」として君臨する“ともだち”に支配されていた。殺人ウィルスが蔓延した東京はそびえ立つ壁により分断され、都民の行動は完全に制限されていた。そして“ともだち”は「8月20日正午、人類は宇宙人に滅ぼされる。私を信じる者…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ナイトミュージアム2

もっともっと動き出す! 《STORY》 ニューヨークの自然史博物館を見事に守りぬいて、息子とのきずなも取り戻した夜の警備員ラリー(ベン・スティラー)は、その後自分のビジネスも成功して、忙しい毎日を送っていた。ある日、久しぶりに博物館に行くと、近代化によって不要になってしまった展示物たちが、首都ワシントンのスミソニアン博物館に運ば…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ノウイング KNOWING

人類は「知る」・・・ 未来はすでに通達されていることを。 《STORY》 50年前に埋められたタイムカプセルを掘り起こす記念式典が小学校で催され、収められていた当時の生徒たちが創造する未来図が在校生に配られた。MIT宇宙物理学者のジョン(ニコラス・ケイジ)の一人息子ケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)が持ち帰ったのは、子供が…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『7つの贈り物』   ~試写会~

あなたなら、受け取れますか? 《STORY》 男の名は、ベン・トーマス(ウィル・スミス)。ベンは7人の名前が載ったリストを持っている。彼らは互いに何の関係もない他人同士だ。ベンは彼らに近づき、彼らの人生を調べ始める。そして、ある条件に一致すれば、彼らの運命を永遠に変える贈り物を渡そうとしている。 ベン・トーマスとは何者なのか?…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『20世紀少年 -第2章-最後の希望』    ~試写会~

さあ、みんな “つづき”を 始めよう・・。 《STORY》 西暦2015年。歴史では、“血のおおみそか”は悪魔のテロリスト・ケンヂ(唐沢寿明)とその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は世界の救世主と崇められていた。 ケンヂの姪・カンナ(平愛梨)は、行方不明のケンヂに代わりユキジ(常盤貴子)に面倒を見てもらい…
トラックバック:2
コメント:7

続きを読むread more

『252 -生存者あり-』   ~試写会~

史上最大の巨大台風、日本直撃! 《STORY》 首都圏を襲った直下型地震から数週間経た東京・新橋。新橋駅の崩落によって地下の駅構内に閉じ込められ連絡手段を断たれた人々と、巨大台風の猛威をついて命がけの救助を続けるハイパーレスキュー隊。見知らぬ者同士が集まった地下では、反目し不満をぶつけ合いながらも不屈の脱出劇が続き、台風真っ只中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』  ~3-D~

《STORY》 ここは毎日がハロウィンの街、“ハロウィン・タウン”。年に一度のお祭りは今年も大成功。しかし、ジャック・スケリントンは、毎年繰り返されるイベントに飽き飽きしていた…。街を出て森をさまようジャックが、偶然に迷い込んだ“クリスマス・タウン”。初めて目にする不思議なクリスマスの光景に、すっかり魅了されたジャックは、自らの手…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ネコナデ』

こんな子ねこに出会ったら   人生がちょっとだけ変わるかも。 《あらすじ》 IT企業デジタルドラゴンの人事部長・鬼塚太郎は、社長の命により容赦ないリストラを進めていた。だが、実は繊細な神経の持ち主の鬼塚は、慢性の胃痛と戦っていたのだ。やがて中途採用者の研修が始まった。厳しく研修社員と向かい合う鬼塚。その日の帰宅途中、ふと立ち寄…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『20世紀少年』  ~試写会~

20せいきのおわりに、 悪のそしきが せかいせいふくに うごきだしました。 《STORY》 ロックスターを目指していたが、今は実家のコンビニを継ぎ、失踪した姉の子供を育てているケンヂ。同窓会で会った旧友から、「ともだち」と呼ばれる教祖が率いるカルト教団が、ケンヂが子供時代に作った「よげんの書」とそっくりの怪しい事件を起こし…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

『ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』

魔法vs人間 ―――引き裂かれる心。 《STORY》 ペペンシー兄妹の治めた黄金時代から1300年の歳月が流れたナルニア国。かつて全能なる王アスランに祝福され、生きとし生けるもの全てが幸福に包まれていた魔法の国は、戦闘民族テルマール人に征服され、もはや存在しない。人間たちに迫害され生き残ったナルニアの民は森に逃れ、この暗黒の世…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

『ノーカントリー』

純粋な悪にのみこまれる 《STORY》 メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて行くのは非情の殺し屋アントン・シガー。そしてもう一…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』

リンカーンの死に    封印された合衆国の  “究極のタブー”とは、 消えた暗殺者の    日記に記された  “禁断の暗号”とは…。 《STORY》 歴史上最も謎に満ちたリンカーン暗殺事件。その暗殺者ジョン・ウィルクス・ブースの日記から失われた18ページ…恐るべき陰謀が秘められたその一部が発見された。だが、そこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ナンバー23』  (106本目)

運命の数字“23”が語りかける謎― 《STORY》 ウォルターが手にした一冊の本。その物語は、背筋のぞっとするような殺人ミステリーだった。自らの生い立ちに酷似した内容と、まるで何かを暗示するように度々挿入される“23”という数字。読み進むうちに、小説の中の出来事が現実の世界とリンクしはじめ、周囲では次々と事件が起こり始める。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『ナイトミュージアム』     (22本目)

4月4日(水) やっと『ナイトミュージアム』を観に行ってきました。 ずばりおもしろかったです。何も考えずに素直に楽しめる映画でした。 博物館の展示品たちが動きだしてどんなことが起こるのかなぁと思いながら観てたんですが、まさかあの3人組があんなことを企んでいたとは…予想できなかった(☆。☆) どのキャラも愛着が…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

『長い散歩』         (12本目)

2月21日(水) 奥田瑛二監督の『長い散歩』を観に行きました。 《story》 定年まで高校の校長を務めた松太郎(緒形拳)は、妻(木内みどり)をアルコール依存症で 亡くし、ひとり娘(原田貴和子)とも絶縁状態。家庭を顧みなかった過去の自分を後悔しなが ら、安アパートでひっそりと暮らし始めた松太郎は、隣室の女(高岡早紀)が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナチョ・リブレ』

昨日、『ナチョ・リブレ』を観に行きました。 《story》 幼くして宣教師だった両親と死に別れたイグナシオ・愛称ナチョ(ジャック・ブラック)はメキシコの修道院で育つ。大人になっても行き場のない彼は料理番として孤児たちの面倒を見ていたが、修道院の資金難ゆえに新鮮なサラダすら子供たちに食べさせることができない。そこで、小さな頃か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more